SoundPEATS Bluetoothワイヤレスイヤホン QY9を1週間使ってみた【レビュー】

SoundPEATS Bluetoothワイヤレスイヤホン QY9を1週間使ってみた【レビュー】

SoundPEATS(サウンドピーツ) さんよりBluetoothワイヤレスイヤホン QY9を提供していただき、そのレビューをさせていただきます。

QY9を実際に1週間利用してみて、そのレビューです。

防水でマット仕様なBluetoothワイヤレスイヤホン、Hey Siriも使えたのにはびっくりだなー。

SoundPEATS Bluetoothワイヤレスイヤホン QY9

こちらが今回ご紹介する製品。「スポーツ仕様」「生活防水」ということで、有る程度の汗や雨などをしのげるよう、ハードに使えるワイヤレスイヤホンです。ボタン部分やケーブル接続端子も、ちゃんと保護されているようなので、水に濡れてしまうかもしれない場面でも使えそうな製品です。

音楽再生時間6時間とBluetoothワイヤレスイヤホンとしては十分な性能ではないでしょうか。特に面倒くさい設定などもなく簡単に使える印象です。

今回1終刊しように当たり、「音楽を聴く」「電話をする」「Hey Siriをしてみる」などいくつかの作業をしてみました。3つ目は全く期待していませんでしたが、iPhone 6s Plusで実際にHey Siriが出来てしまうことに驚き。そのままSiriに命令を出すことも出来ます。

音質は十分な性質だと思います。超高音質をお求めの人にとっては、「ちょっと篭るかな」「クリアじゃないかな」と思うかもしれません。その違いをあまり思わない人にとっては十分な性質です。

コレ系のイヤホンで電話時に「相手の発した声がそのまま相手に反響する」ということを体験したことが有りますが、このイヤホンは形状が特殊なのか、マイクがイヤホンのドライバと離れており、相手の声は相手に入らないようになってました。やはりこれぐらい離れてないと無理なのでしょうね。つまり、電話対応については問題ないです。音質も同様です。

Bluetooth接続も簡単にできるので、ワイヤレス機器の初心者でも安心できるもの。

付属品には、サイズの違うイヤーピースと落下防止用のイヤーフック3種、服などに取り付けられるクリップがついています。説明書は全文英語ですが、仕様が簡単なので読まなくても利用方法はわかります。

写真で紹介するSoundPEATS QY9を

lightroom-8139

超シンプルな箱。

lightroom-8140

中を開けると説明書と、イヤホンを持ち運びで切る箱がはいっている。コレが有るだけで製品の価値は上がる。(と思う。個人的に入れ物はうれしい)

lightroom-8141

本体と充電用のmicro-bのケーブル、そしてイヤーピースやイヤーフックなどの付属品。デフォルトでは最小のイヤーピースが取り付けられている。上等である。

lightroom-8142

QY9の形状は、正直変わっているなという印象だった。ところが耳につけてみても違和感はないし、マイクの位置を調整するためにこの形にしたのかなと思う。ただ、SoundPEATSさんの製品で金属のものを持っているので、前面プラスチックな製品はSoundPEATSさん的にはちょっと安っぽく見えてしまう。カラーバリエーションや金属質のものがあったら僕の好みな製品になる。

全体的にあり6時間は魅力的

ということで、SoundPEATSさんのBluetoothワイヤレスイヤホン QY9を紹介させていただいた。唯一デメリットが有るとしたら全体的にプラスチック製で、その点がダサいという印象。ただ、マット仕様にはなっている。マットしようが好きな人ならソレはメリットになるでしょうね。

それ以外はまあ防水だし仕方ないかと思ったらいいと思います。音質問題なし、機能問題なし、マイクも十分相手に届きました。1週間使ってみて、ストレスは全くなく使えたのが素晴らしい点です。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です