まだデータがありません。

少女がお金を入れると…大通りで行われたクラシックのフラッシュモブ

少女がお金を入れると…大通りで行われたクラシックのフラッシュモブ

クラシック音楽のフラッシュモブは、なんとも心が洗われる気がします。

カタルーニャ州バルセロナの都市「Sabadell」で行われたフラッシュモブ。「Banco Sabadell」という銀行の130周年を記念して企画されたものだそうです。

大通りでコントラバスを持った男性がいる。その男性の前にはシルクハットが置かれており、どうやらストリートパフォーマンスの一種のように見える。少女がシルクハットの中にお金を入れると、コントラバスの男性は演奏を開始する。

それを合図に、チェロを持った女性が現れ、その音楽が「第九」だとわかる…。そして、次々に演奏者が現れ…。

クラシックのフラッシュモブ

Som Sabadell flashmob – BANCO SABADELL

段々と演奏者が加わる楽しみ、そして合唱団もそろい「第九」が完成するフラッシュモブ。たまたまそこに居合わせた人々は、その音楽に、その場の変化に歓喜している。そして音楽が終わり、皆さんの拍手が喝采する。

オーケストラ演奏者、合唱団合わせて100人以上も参加している。

人々が幸せになるフラッシュモブ

ゲリラ的に行われるフラッシュモブ。こう言った現場に居合わせた人はとっても幸せな気分になるのでしょうね。今回行われた「第九」のようなフラッシュモブは、実はいくつかの個所でもやられているようです。もしかしたら、いつか、自分なその場に居合わせることもあるかも知れませんね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です