ホワイトボードに書かれた物をデジタル化するガジェットSmartmarker

ホワイトボードに書かれた物をデジタル化するガジェットSmartmarker

コレがもし学生時代に合ったら色々と助かっただろうなーと思えるガジェットをご紹介。Smartmarkerはホワイトボードに書かれた物をデジタル化できるガジェットです。様々な色に対応していて、ホワイトボードがある環境ならどこでも使えそうです。

また、それらはデジタルデータなので、共有できたり、編集できたりするということ。Smartmarkerのコンセプト動画をご覧になれば、どういった物か理解できるかと。

ホワイトボードをデジタル化

Introducing Equil Smartmarker

Smartmarkerをホワイトボードに設置し、描かれて行く物をデジタルデータとして扱う。そうすれば、共有も出来ますし、離れたところでの会議的なことも出来ちゃう。(その当たりはデジタルデータなので当たり前)

まぁ、そういったことが出来てしまうと。学生だったら、ノートの共有や、企業だったら会議などで役立ちそうですね。SFっぽいですねー。

Smartmarker

Smartmarkerの本体はこんな感じで、帯状のヤツと筒状のヤツが必要なようです。どれぐらいの範囲をカバーするのかというと、なんと左右5m、縦1.5mもカバーするそうです。そんなでかいホワイトボードがあるかわかりませんが、これだけカバーできたら上等でしょう。

Smartmarkerのデモ

Smartmarkerはどうやらフリーのデモンストレーションがかのうだそうです。日本で出来るかわかりませんが、ちょっと使ってみたいなーという気持ちがありますね。

ちなみに、Smartmarkerを作ったEquilは、ノートで使える「Smartpen」と言う物も出しています。そういうノウハウが、ホワイトボードでも使われているのでしょうね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です