ニューヨークの夜空に美しい星空を合成した影像:SKYGLOW: NYC

ニューヨークの夜空に美しい星空を合成した影像:SKYGLOW: NYC

コレは美しい!!

4月15日から21日にかけて行われる国際ダークスカイ協会によるDark Sky Week(ダークスカイウィーク)。それにちなんでSkyglowプロジェクトチームは、「光の汚染がないニューヨークの夜空」はどのように見えるのかを見せるタイムラプス映像「SKYGLOW: NYC」をリリースした。

街灯や電灯などの光だらけのニューヨークの町と、綺麗なことでも有名なグランドキャニオンなどの夜空を合成したモノです。

とにかく美しい。まるでヴァイオレット・エヴァーガーデンに出てくる美しい空のようだ。

※「国際ダークスカイ協会」(IDA)は怪しいところじゃなくてちゃんとした団体です

もしかしたら綺麗な夜空が見えたかも知れないニューヨーク

ニューヨークの町はやっぱり光に溢れている。車や街灯、ビルの光に電光掲示板などとにかく色々な光がたくさんある。そんな光があるから、夜空に本当は見えている光が見えづらくなっているかも知れない。

今回の影像は、そんなニューヨークと、グランドキャニオンではみれる美しい星空を合成したタイムラプス影像だ。とにかく美しくてスゴイ。

使っている機材など

この影像は、どうやらCanonの5D Mark IVやレンズが使われているらしい。その撮影されたモノをAdobeのLightroomとPremiereをつかって合成などの編集処理が行われた。両方とも持っているモノなので、コイツが出来るって分かるだけでもスゴイ収穫だ。

他にもスゴイ影像がたっぷりある

今回の「SKYGLOW: NYC」の影像監督でもあるHarun Mehmedinovicさんは、とにかくスゲー影像ばっかり撮りまくっている人。この人のVimeoに今回この映像が公開された。他にもやべーぐらい綺麗な影像が散らばっているので是非ともVimeoに訪れて甘美な世界に浸って欲しい。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です