ヒンジを利用した伸縮可能なテーブルSinan Table

ヒンジを利用した伸縮可能なテーブルSinan Table

デザイナーイアン・ステル(Ian Stell)が手がけた伸縮可能なテーブル。いくつかのヒンジと格子状に複雑に組み上げられたテーブル「Sinan Table」は、形状を変えることが出来る。

オーク材と真鍮の棒から構成されたこのテーブル。仕組みを考えれば考えるほど、良くできたテーブルだなと思えます。テーブルとしてもオシャレな出で立ちではないでしょうか。

伸縮可能なテーブル「Sinan Table」

2sinan-frontal-animation_sm_2048

「Sinan Table」テーブルはこのように伸ばすようにできる。足下を見ると、何本かの足があります。なので重さには耐えれて、十分にテーブルとして機能するようです。

ただし、コレは細長いテーブル。壁付近に置いておき、細くして片づけておける。

3sinan-frontal-animation_sm_2048

そしてこれが、六角形の状態になった「Sinan Table」です。通常、テーブルとして使うとしたらこれぐらいの大きさではないでしょうか?格子状なので隙間はたくさんある物の、お皿などはおける物と考えられます。なんなら、これようのマットを敷いても良いでしょう。

形状が変わるということは、ある程度小さくして片づけられる。部屋があまり広くない人にとって、こう言ったテーブルはステキな存在になるでしょう。

同じ作者のテーブルで「Lattice Table」というものがあります。コチラは三角の経常をした同様に伸縮可能なテーブルです。

動きを見ていこう

33ianstell_table-detail

それにしても見ていて飽きない…。ずーっとこのテーブルをギコギコ動かしてしまう自分を想像できてしまいます。イアン・ステルさんの作品は、こう言った形状が変わる作品だけではなく、ナイスデザインな家具もあります。イアン・ステルさんのHPではそれらの作品を見ることが出来ます。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です