ガジェットのウェアラブルマウントに革命、クビにかけるだけでOKなアイテムSELDI

ガジェットのウェアラブルマウントに革命、クビにかけるだけでOKなアイテムSELDI

GoProとかのアクションカメラのボディマウント(チェストトラップとも言う)って使ったことある人なら分かるけど、めっちゃ使いづらい。あの取り付けの煩わしさを解消してくれるウェアラブルマウントがクラウドファンディングKickstarterに登場。

今回紹介するSELDIは、マウント以外に自撮り棒や三脚など、いくつかの効果を持ったウェアラブルマウントなのだ。

これは、良いぞ。いままでいくつかのアイテムを使っていたことが、一つのアイテムで済んでしまうかも知れないからね…!!

多機能ウェララブルマウントSELDI

今回のSELDIを紹介するのに、KickstarterにあげられているSELDIと同等の映像を見てもらった方が良いと思う。その影像では、SELDIが出来ることがまとめられています。

SELDIはクビ元に引っかけるタイプのウェアラブルマウント。身体の前面を撮影するという基本的機能以外に、そのままひっくりかえして固定自撮り撮影したり出来る。多機能と言うことで、撮影用リグ風に使えたり、自撮り棒的に伸ばして使えたり、単体で自立して三脚の代わりに使えたり…と、とにかく色々と可能性がマウントなのだよ。

B9578629c25cb18d282482dff3512243 original

186dcecacfa3ebd89b6d56e2df4fc1ae original
先に言っていたPOVは余裕でこなせそう。肩に引っかけて、少し離れてカメラが設置されるので、手元撮影を確認しながら出来る距離感がイイカンジ。

こういったPOVの撮り方は、クリエイターさん達がやっている手作業を観れるので是非とも広がって欲しい使い方でもある。

8debe1a07c640efffdbd584f5369bea5 original

360℃カメラでまさかの両手放し撮影。これは良いぞ。

F3b6e9bb77bcf2f60c0f1564e6bf9ef0 original

子供の撮影だって、両手放しでイケちゃう。これは今まであったボディマウントと同様だけどね。見た目がごつくないのが良いね。

328eb9d781f3d0570a61e89c2d4242f9 original

SELDIを伸ばして持って自撮り棒的な使い方。本体のヒンジが丈夫であることが伺える。

820c47660cac2049108af705bd93da8a original

固定して自立、三脚的な使い方だってお手のものさ。

Cdaf4154964225d393cef9ac20790da6 original

そして、SELDIが他のボディマウントと比べて最も優れているところは、このマウントの速さだろう。そりゃ首に引っかけるだけだからね、すぐに終わるに決まっている。個人的にボディマウントを所持しているけど、アレノツケズラサはマジで半端ない。だからこれは良いなと思った。

逆に、どうして今までこの製品が無かったのだろうか?というぐらいシンプルで機能的なモノなのだ。

ちなみに、影像でもあるように、アクションカメラ、スマートフォン、そしてコンデジなんかに対応しているみたい。多くはアクションカメラとかで使いそう。

ただ、形状を見る限り「ひっかけている」レベルなので、激しいアクションはおそらく無理だろう。

SELDIは目標金額に達していて、あとは期限を待ってゴールするのみ。

ちょい高いと感じる

ネックがあるとすれば、値段だろう。格安で購入できるEarly Bird(早期割引的な物)が3種類あり、最も安く手に入るSuper Early Birdでさえ77ドル…ってちょっと高く感じてしまう。

市場に出回れば130ドル…そして日本に来るとしたらおそらく1万5千円程度になるのではと予想している。いや、高い…かな。マウントにその金額を出すのはちょっと…。

こう言うタイプはどこかがマネしてメチャクチャ安く売っちゃうから、個人的にはそれに期待しちゃいそうではある。

とにもかくにも、ウェアラブルマウントに革命が起きた。これは良さそうだ。見た目が良いってのが最大の貢献だな。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です