高速道路高架下につくられた宙に浮いている秘密のワークスペース

高速道路高架下につくられた宙に浮いている秘密のワークスペース

スペインの家具デザイナーFernando Abellanasが手がけたのは、高速道路の高架下に作られた秘密の仕事場。その仕事場の床から下は宙に浮いており、秘密基地的な感じの仕事場となっている。

床と壁は高架下のセメントフレームを沿うように作られた水平エレベータとなっていて、それによって仕事場に移動することが出来る。

自分だけの秘密の場所。こんなステキな場所を独占できるのならそれはそれでアリだな。

高速道路の下に作られた秘密基地

18808860 229643934203151 4728070075846754304 n

高速道路のセメントフレームがへいこうになっているためそこまで移動できる水平エレベータを設置する。

18722805 110874339506084 63967258631733248 n

こんな感じの滑車を取り付けて、ハンドルを回して仕事場まで移動するみたいだ。

18879698 207032639816059 48354064668295168 n

仕事場には、テーブルやイス、フォトフレームや植物、ライト、布団などもある。つまりは、ここで寝ることもできるってことだ。

19051411 1714831612152650 8194903566201126912 n

こんな感じで夜を過ごす。布団敷けるみたいだけど、寝返りで落ちたりしないのだろうか?

そんな秘密の仕事場を、制作、移動、仕事、寝るまでを紹介した映像がコチラ。

Refugiarse de la ciudad en la propia ciudad. from JoseMP on Vimeo.

ちなみに、このスタジオはバレンシア市の認可を受けていないため、場所は秘密とのこと。ばれずにそのまま残っている限り、スタジオはその場所に存在するそうだ。

高速道路を建てるがために、そこに居住施設がつくれないというものを改めてデザインする。そういうものだろうなこれは。

@lebrelfurniture[instagram]
Lebrel[Facebook]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です