明るめなカラーのデスクマット!作業机に領域を作ってくれる

明るめなカラーのデスクマット!作業机に領域を作ってくれる

なにかと「ごちゃ」っとなってしまいそうな作業机。「デスクマット」なるものをつかうと領域が生まれすっきりする。

Satechiが出している「デスクマット&メイト」という製品のレビューです。革っぽい感じの表面(合成皮革)で、机の上に置けば、その空間を意識することが出来る。

机の上で飲み物とか飲む人は、こういうのあったほうが良いかもしれないと思った。

Satechiデスクマット&メイト

広さは60cm×35cmな領域を作ることが出来るデスクマット。PC作業やスケッチやメモなど、色々なことをこの場で出来る。このこじんまりした空間を置けるのが良い。

「マウスパッドとして使える」とあったけど、マウスはちょっと引っかかるなと思った。いや、コレについては、個人的好みかもしれない。

このデスクマットはレザー調の表面で、ちょっとした汚れなんかはサッとふき取れる。作業中に飲み物を飲む人は、このデスクマットの上にコップとか置けばいい。

デスクマットのフォトレビュー

Satechideskmatmatereview IMG 2906

入れ物はこんな感じ。取っ手がついていて、そのまま持っていけるようになっているみたい。でも、それは通販ならあんまり関係ない。折れ防止なんだろいうけど、60cm×35cmの大きさの製品をいれるからAmazonの超絶過剰包装がものすごいことになった。

過剰包装には覚悟しておいたほうが良い。

Satechideskmatmatereview IMG 2907

そして、ぱっと開けてみた。さらっとしたマット。

Satechideskmatmatereview IMG 2908

マット自体はわりと固く、分厚い布を想像してもらうと良い。そして、裏のファブリックは良い感じにすべり止めになってくれる。かといって動かないということではなく、「良い感じ」という表現をさせていただきたい。

Satechideskmatmatereview IMG 2909

デスクマットの右下に、「SATECHI mat & mate by fulldesign」と書かれている。デザインがあるのは、この部分のみで特に気になるところはない。

デスクマット使用例

このデスクマットは、べつにノートPCを使うためだけに使わなくてよいと思う。もしボクが使うならこうするかなという例をご紹介。

Satechideskmatmatereview IMG 9099

たまにマジックをするので、著と触りたいなという時のそのままこのマットが使える。

Satechideskmatmatereview IMG 9102

もちろん、こんな感じで、アイディア出しのスペースとして利用してもよいと思う。デスクの上にちょっとした自分の空間。いやーコレは贅沢な使い方かもしれない。

あると良いなと直感

「デスクマット」ってマジであると良いなって思う。この「集中する」感じがマット一つで出てくれるとは思わなかった。パソコン作業、アイディアだし、読書、マジック…、使い方は十人十色、触ってみるとわかる良さがある。

うーむ、これが合成皮革ならば、もっと触りごこちを求めて革を使ってみるとよいかもしれない。ってか、革は高いからコレで良いかって言うのもあるかな。あと、個人的に、もうちょっと大きさがでかいほうが良い。一回りぐらい、それぐらい大きさが個人的に欲しい。

Satechiのこのマットは、もし机のサイズが合うのであれば、導入してみるとよいと思う。あるのとないのとだと、「領域感」が違うなと感じるかと。

あと、カラーバリエーションが結構あるんだよね。ボクはピンクだ。シックに行きたいならブラックとかもあるぜ。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です