リバーシブル仕様のUSB Lightningが結構便利

リバーシブル仕様のUSB Lightningが結構便利

USBの刺し間違いにイライラしているところに「リバーシブル規格」のLightningケーブルを提供頂いた。

USBには裏表があり、幾度となくUSBの刺し間違いを経験してきました。おそらくそれらの経験をされた人は多数居ると思われます。今回、Omaker様よりご提供頂いたリバーシブルUSB規格のLightningケーブルは、そんな悩みを吹き飛ばしてくれた製品です。

リバーシブル規格のUSB自体は、前々から知っていたのですが、触ってみてその便利さを体感しました。

USBのイライラから解消

今回ご提供頂いたLightningケーブル。ナイロン製のケーブルなので、耐久性が結構ありそうです。一番の特徴はやはりリバーシブル規格のUSBだということ。裏表のどちらに刺しても認識してくれるのです。

Omaker様が出しているのは1mでシルバーのLightningケーブルです。

リバーシブル Lightningケーブル

omakerlightningrever-7973

製品はかなりシンプルな入れ物に入っています。

omakerreverusblightning

USB端子を見てみると、真ん中に基盤が見える感じです。

omakerlightningrever-7976

こっちで差し込んでも…。

omakerlightningrever-7975

こっちで差し込んでも認識してくれます。

いくつか抜き差ししてみたのですが、特に問題なく認識してくれます。また、PCとの同期も問題なく、iTunesでのデータのやり取りも、もちろん出来ます。

一つは持っていたい

今回ご紹介した製品を要約すると、ナイロン製で耐久が有り、USB穴にリバーシブルで差し込めるLightningケーブルです。

USBの差し込みに迷わない困らないということで、「絶対に便利」と感じました

どうでしょうか?お一つかばんに忍ばせてみてはどうだろうか?

リバーシブルで良いなと思ったのは、夜、車の車内などでiPhoneを受電したい時を想像しました。シガーソケットに差し込むタイプのUSB充電器に、USB端子を差し込む時などに役立ちそう。穴を見なくても差し込めるってのが良いですね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です