リアル世界でゲーム「HITMAN」を指示するオペレーターを体験する

リアル世界でゲーム「HITMAN」を指示するオペレーターを体験する

アイドスのゲーム「HITMAN」をリアルの世界で行ったらどうなるか?

今回ご紹介する映像では、オペレーター室に集められた人たちが、「リアルの世界」で動くヒットマン47(フォーティセブン)を操作して、ターゲットを暗殺する指示をする。

実際の建物を利用した、とても臨場感の有るシーン。そして、オペレーターが指示を間違えば、エージェントは死亡しちゃうというものです。コレは是非ともやってみたい。

リアルライフHITMAN

Real Life Hitman

洋館の中でターゲットを探し殺害する。オペレーターは、ヒットマンの動きを完全にコントロールしたり、建物内にあるものをハッキングしたりととにかく忙しい。ゲームのように、方向キーで操作するのではなく、「指示」することでヒットマンは動き出す。指紋センサーのところで「指」を取っちゃうとかおもしろいなと。

オペレーターが指示を失敗すれば、エージェントは死亡してしまう。おもしろい仕様です。是非こういうのを企画としてずーっとやって欲しいものです。

裏側はこうなっている

Real Life Hitman – Behind the Scenes

かなり壮大な仕掛け。「このシーンはこう動く」みたいに決められいてるようですね。それにしてもあのHITMANのふくがカッコいいな。バーコード入れようかな。

 

ところで、この企画はどこで体験できるのかな?どこかの企業がやってみて欲しい。映画「HITMAN」もカッコいいけど、これはどちらかというと映画「GAMER」に近いんだろうなー。

Realm Pictures[Facebook]
RealmPictures[YouTube]
Realm Pictures[関連]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です