コレは怖い!切るとマジで燃えちゃう危険なライトセイバー

コレは怖い!切るとマジで燃えちゃう危険なライトセイバー

映画『スター・ウォーズ』シリーズで、ジェダイやシスが使う武器「ライトセイバー」。そのライトセイバーを作ってみた人がいるようです。

もちろん棒状のプラズマをあの形状で留まらせる技術を使っているワケではないですが、そのライトセイバーで切ると、「切れる」というよりも「燃えてしまう」のです。まさに「バーニングライトセイバー」といったところです。

いったいどういった仕組みなのだろうか?動画で解説されています。

バーニングライトセイバー

Real Burning Lightsaber

冒頭で棒状に炎を帯びたタバコに火をつける。見るからに危ない感じの物体です。

仕組みは簡単で、メタノールとアセトンの混合物で作られた燃料をを筒状のものに注入し、それをブタンを利用して噴出させるというものです。つまり、燃える液体を勢いよく飛ばして、そこに火をつけて炎の液体を飛ばしている感じです。

なので、動画最後で(なぜか)燃やされるジャー・ジャー・ビンクスを切るときにちょっとおかしな燃え方をしているということです。

なんか笑ってるけど、結構危ない仕組みだぞ?

バーニングライトセイバーに含まれている仕組みについては下記サイトをご覧ください。いや、やっぱ危なそうなので、知識ある人だけご覧有れ。

Interesting Stuff[関連]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です