Raspberry Piを使ったオープンソースのDIYチェスロボット

Raspberry Piを使ったオープンソースのDIYチェスロボット

ラズパイを旨いこと使えば、なんだってできちゃうって感じ?

ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」を使って、チェスを一緒にやってくれるロボットを作っちゃった?「RASPBERRY TURK」というチェスロボット。3Dプリンターでつくったチェスの駒とかアームの組立とか、いろいろとオープンソースになっているプロジェクト。

つまりは、それらを利用すれば、同じものがつくれちゃうという事なのだ。

ということでオープンソースなチェスロボ「RASPBERRY TURK」がどんな感じなのか映像で公開されているよ!

チェスロボ「RASPBERRY TURK」

こちらが、Raspberry Piメインでつくったチェスロボット「RASPBERRY TURK」です。構造としては、つるされたカメラを認識してチェス板を理解している。そしてプログラムでチェスをする感じです。

チェス板が認識しやすいようにライトで照らすとかそういう事をしている。

映像を見る限り、ある程度はちゃんと動いているようだ。ただし、映像の30秒あたりのところ、では駒の設置が若干ずれているように見える(駒を直した形跡あり)。これはプログラムによるものなのか、アームによるものなのか若干に微調整が必要になってくる気がしますね。

とにかく、Raspberry Piでこういう事が出切るってのはすごいことだな。もっと色々な事が出切るんだろうけど、こういうオープンソースで出回っているのはイイ流れです。

Raspberry turkgripperani

チェスの持ち上げには電磁石でつかんでいる感じ。これには『なるほど』って思った。これを旨い事使えば、遠隔操作でチェスとかもできるんだろうなー。

オープンソース

オープンソースだからまじでチェスロボットが普及できそう。そして世界は至る所でチェスが行われ、全世界的iにチェスブームが…。なんてことになればいいかな。

ってか、小学校とかにこういうチェスロボットがあれば面白い世界になりそうだなーって思った。教員さんたち、いっちょつくってみない!?

プログラムやレシピとかは下記サイトを参考に!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です