「下書き」記事を見せたい相手に公開できるWPプラグインPublic Post Preview

「下書き」記事を見せたい相手に公開できるWPプラグインPublic Post Preview

WordPressのプラグイン「Public Post Preview」を紹介します。

「下書き」状態の記事を、「あー、ココの部分確認して欲しいな」って時ありませんか?それが、一緒にサイトを運営しているメンバーなら可能ですが、何かを紹介したい時の、全く外部の人なら…さてどうしたものか。

そんな時に使えるのが「Public Post Preview」です。「下書き」状態の記事から特別なURLを生成して、そのURLより誰でも「下書き」状態の記事が見れます。

Public Post Preview

プラグインはコチラ

まず、「Public Post Preview」のプラグインがある場所をご紹介します。

WPの管理画面から「プラグイン」>「新規追加」ときて「Public Post Preview」と検索する。もしくは、下記リンクよりダウンロードします。

Public Post Previewの使い方

プラグインに登録した「Public Post Preview」を早速有効化して、使ってみたいと思います。

sitagakihozon

なんやかんや記事を書いて「下書きとして保存」を押します。すると、「Enable public preview」と言う項目が出現します。

publockpreviewurlen

このチェックボタンを押すと出現する特別なURLを相手に教えれば、「下書きとして保存」した記事を見てもらえるということです。

どんな時に使うのか?

僕が使うとしたらこんな時に使いたいと思います。

  • ・製品モニター依頼が来た場合の記事確認のため
  • ・アート関連の記事を書く時に作者に確認

実は、これらのことは全て事後報告で行ってきました。アーティストさんには「すいません、記事を書いていいですか?」的なことを聞いて、書いておりました。しかし、記事が後悔されてからじゃないと見せれなかったのです。何か間違いがあると厄介ですからね。

もう、「Public Post Preview」を入れたので、その心配はなくなりそうです。

「Public Post Preview」を入れよう

とうことで、WordPressのプラグイン「Public Post Preview」を入れようじゃないか。多分いつか使いますよ。僕は使う予定が多数でてきたので、このプラグインを見つけて即行入れました。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です