ProCameraの「手ブレ防止」を使えばブレないよ!

ProCameraの「手ブレ防止」を使えばブレないよ!

僕がオススメしたいiOSのカメラアプリ「ProCamera」のTIPS記事です。ProCameraには「手ブレ防止」機能が搭載されており、それを使えば、「ココはブレたくないな!」って時に有効な機能です。

ProCameraの「手ブレ防止」をONにする方法、調整方法をご紹介します。

ProCamera手ブレ防止

※値段は記事掲載時のもの

ProCameraにはiPhoneやiPod Touch用の「ProCamera 8 + HDR」とiPad用の「ProCamera HD」があります。今回は「ProCamera 8 + HDR」でやり方を説明します。

手ブレ防止

手ブレ防止のアイコン

ProCameraに搭載された「手ブレ防止」を使用すると、iPhoneのブレが止まってからシャッターが切られます。そのため、撮りたい被写体をよりクリアでシャープな写真で撮影することが可能になります。

ユーザーに強制的にブレないようにさせる機能と考えるとよいです。

機能を有効にする

設定にあります

一番右下のアイコンを押し「手ブレ防止」を選択すると、シャッターボタンの右側に「手ブレ防止」のアイコンが出現します。たったこれだけの作業で「手ブレ防止」をONできます。

使うとこうなります

手ブレ防止のマーク

「手ブレ防止」を使うには、撮影時にシャッターボタンではなく「手ブレ防止」を押します。すると、画面中央に「手ブレ防止」のマークが出現して、iPhoneの手ブレが収まったときだけシャッターが押されます。

微調整もできます

微調整できます

手ブレ防止については、ProCameraの設定画面で微調整ができます。上記写真右のバーをスライドさせると、どれぐらいのブレの時にシャッターを切るかを設定できるわけです。左にすればするほど、シャッターを切れるタイミングがシビアになります。

結果

「手ブレ防止」機能は、先に書いたように、iPhoneのブレが収まったときにだけシャッターが切られます。そのため、撮りたいものをよりシャープに撮影することが可能になるわけです。

ProCameraには、他にもさまざまな機能が搭載されております。是非カメラアプリにProCameraをご使用して下さい。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です