スケートボードと音楽好きな人が作ったギター

スケートボードと音楽好きな人が作ったギター

スケートボードの板から作られたオンリーワンなギター。木工&工学デザインの学生であるNick Pourfardさんはスケートボードと音楽を愛していました。

そんな彼によって、サンフランシスコにあるPrisma Guitarsでは、スケートボードの板を利用して世界で一つだけのギターを製作しているそうです。

Prisma Guitars廃棄されたスケートボードの板を100%利用しています。つまり、リサイクルということです。全てが手作業で作られ、スケートボードの持つあの木目も旨いこと使われています。

スケートボード愛から出来たギター

skateboard-guitars-01

サンフランシスコにあるPrisma Guitarsにはたくさんのスケートボードの板がストックされているようです。それらを重ね上げ、あの独特な断層模様を作っているみたいですね。

skateboard-guitars-03

skateboard-guitars-05

このカラーリング、重ねただけなのになんだか見ていてうれしくなりそう。

skateboard-guitars-07

skateboard-guitars-04

ピック等も同じカラーリングで制作されているようです。

PRISMA GUITARS: Guitars Made From Skateboards

こちらはPRISMA GUITARSが公開しているギターの制作工程です。機械で自動化せず、手作業でギターが作り上げられていきますね。

PRISMA GUITARS

コチラのカラフリでナイスなデザインのスケートボードから作られたギターは、現在アメリカのみの発送だそうです。ただ、PRISMA GUITARSのWEBサイトでは、それらの製品を拝見することが出来るので是非とも見てほしい。

軒並み「SOLD OUT」なのを見ると、こういう系のギターが必要とされている証拠ですね!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です