ポケモンGOをやるためにポケモンずかん型のケースを自作する、しかもバッテリー内蔵

ポケモンGOをやるためにポケモンずかん型のケースを自作する、しかもバッテリー内蔵

これって、そのうち商品が出るんじゃないの?って思ってたヤツだ!

世界的ヒットを生んでいるポケモンGO。リアルな世界に疑似的にポケモンが出現するシステムで人気を呼んでいる。そんなポケモンGOなのだが、いかんせん、プレイをし続けるとバッテリーがぐんぐん減っていってしまう。

そんなことを考えてか、SparkFunでポケモンずかん型のスマートフォンケースが公開されていた。3Dプリンターで作ったんだってさ!

ポケモンGOのためにポケモンずかん型のケースを作成

詳しい制作の情報などは状記載とを見て欲しいと先に伝えておく。

3Dプリンターで初代ポケモンずかん型のケースが自作された。ただの形を模したケースではなく、なんとバッテリー内蔵なのだ。ただでさえバッテリー松扉の多いポケモンGOをさらに長いこと使えるように作られた特別なケースなのだ。

ちなみに、中に入れられているバッテリーセルは、2600mAhもの容量だそうだ。ちょっとだけ利用時間が延びると考えたら良いな。

Pokedex2

どう見てもポケモンずかんの形をしている。

Pokedex5

バッテリー用のLEDとか色々工夫して作られている。

Pokedex6

マジでそれっぽい。

Pokedex7

この貼られている表は、属性に対するダメージ表だ。今回のポケモンGOでも属性が存在するのでこの表は必須なのだろう。

3Dプリンターがあればこういうのが作れちゃうのだ。本気でやりたい人、是非とも作ってみて欲しい。そして、任天堂さん、製品化待ってますよ!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です