まだデータがありません。

映画「ピクセル」の舞台裏、CG制作がどのように行われているか。

映画「ピクセル」の舞台裏、CG制作がどのように行われているか。

2015年9月12日に放映された映画「ピクセル」のCG制作舞台裏。この映画は、「パックマン」、「ドンキーコング」、「スペースインベーダー」等の日本のゲームキャラクター達が出てくる作品です。ゲームキャラクター達の形状をしたエイリアン達が地球侵略に来るという映画です。

ゲームキャラクターを表すのには3DCGがふんだんに使われています。映画の舞台裏でCGとそれに合わす役者さん達の様子を「ピクセル」のメイキング映像で伺えます。

映画「ピクセル」の舞台裏

映画『ピクセル』メイキング特別映像

映画「ピクセル」のCMで割と有名なシーン。黄色い丸い奴「パックマン」が街中を食べ周りながら走り回るシーンについて、メイキング映像がありました。

「パックマン」に扮したエイリアンが、消防車をぱくぱくと食べていき、ブロック状に分解(ボクセルというらしい)していく様子。これら全て、消防車両も含めてCGで作られていたということです。CGと実写の融合化と思いきや、全てCGで作られていたとは…。

役者達は「何もない状況」で演じなければならないので、それはそれはとても大変なことなのでしょう。そしてCGと合わさって初めて演じた物が作品となる…。うーん深い!

映画「ピクセル」は9月12日ロードショー

素晴らしい俳優アダム・サンドラーが出ている映画「ピクセル」は2015年9月12日よりロードショーされています。日本のゲームキャラクターがたくさん出演することでも有名な映画。おもしろそう!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です