450個の人形のペンギンを使った変わったミラー

450個の人形のペンギンを使った変わったミラー

ちょっとかわったインタラクティブミラーを製造しているDaniel Rozinさんにより、450体の人形のペンギンを使ったインタラクティブミラー「Penguins Mirror」。これまでも「変わったミラー」を作って来た中でも、更に変わっている思えるミラーです。

今回、「Penguins Mirror」を始め、Daniel Rozinさんの「ミラー」作品をいくつかご紹介したいと思います。

Penguins Mirror

カメラで動く物をとらえ、それをミラーのようにペンギンの白と黒の部分で表現した作品です。450個ものペンギンは全て回転するように作られているということです。

なんだよ…これ…。

どの作品も「鏡として使えるの?」と言われると「NO」ですが、作品としてすっごい好きです。

Daniel Rozinの他作品

ちょっと変わったインタラクティブミラーを作っているDaniel Rozinさんの他作品は、彼のWorksやbitformsにて公開されています。気になった人は是非チェック!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です