ニューヨークの街を描いたPatrick valeの作品

ニューヨークの街を描いたPatrick valeの作品

パトリック・ベイル(Patrick vale)さんにより描かれたニューヨークの街。エンパイアステートビルを中心に、大都会のニューヨークが描かれていく、その様子が動画に収められています。

ビルの窓から一つ一つ描かれていくニューヨークの都市を見下ろした様子は、とても詳細で、その膨大な作業量に圧倒されます。パトリック・ベイルが描いた絵、描いていく様子をご紹介します。

描かれていくニューヨーク

11373605_438073486363560_2041183609_n

11417492_473615196142693_1774273685_n

こちらはInstagramにアップされていたパトリック・ベイルの絵です。かなり巨大な絵のため、このように区切りがつけられています。何枚かの紙を合わせて巨大なキャンパスになっているというわけです。

動画はコチラ

Facebookによると結構な期間をかけて描かれているようですね。画面端にひっそりと置かれている腕時計が、時がどれぐらい長くたったかのかわかります。

Patrick valeさん

パトリック・ベイルさんが今回描かれたニューヨークの情景は、FacebookページやInstagramで公開されています。是非一度ご覧下さい。

またHPには、大きな1枚絵になった(スキャンした)物まで用意されています。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です