OMAKERの防水Bluetoothスピーカーがコスパよさげ!【レビュー】【PR】

OMAKERの防水Bluetoothスピーカーがコスパよさげ!【レビュー】【PR】

OMAKERのBluetoothスピーカーをご紹介。このスピーカーは防水仕様でお風呂などで利用できる物です。値段も安く、しっかりと音が鳴る物でした。

OMAKER社製の防水Bluetoothスピーカー「Omaker M4」は、コスパも良く小型なのでアウトドアにも利用できる物だと思います。持ち運びようのBluetoothスピーカーをお考えの人は、是非ご参考に。

防水Bluetoothスピーカー「Omaker M4」

こちらが今回ご紹介する製品です。小型でコスパ良くて、バッテリー持ちがよさげ。どうやら別カラーもあるっぽいです。

実際に利用してみたレビューを書きます。

OMAKER M4の梱包物

omakerm4bluetooth-7528

omakerm4bluetooth-7529

omakerm4bluetooth-7530

OMAKERのスピーカーの梱包はこんな感じです。シンプルな表記で入っているモノは3枚目の写真の通りです。Bluetoothスピーカー本体と、説明書(英・日)、USBケーブル、オーディオケーブル、ストラップが入っていました。

防水Bluetoothスピーカーを見ていく

omakerm4bluetooth-7532

iPhone 6 Plusと「OMAKER M4」をBluetoothで接続してみました。「OMAKER M4」はバッテリー内蔵で満充電で12時間程度再生できるようです。また、上記写真のようにモバイルバッテリーで充電しながら再生とかも出来るっぽいです。(おそらく推薦されない方法です)

再生可能時間はスピーカーの出力に関係していて、80%の音量で12時間、100%の音量で6時間の再生が可能だそうです。

満充電は3時間程度!

omakerm4bluetooth-7533

スピーカーのメッシュ部分には、「OMAKER」ロゴが描かれシンプルです。

omakerm4bluetooth-7534

こちらはUSBとオーディオケーブル用穴(AUX用穴)です。あれ…このカバー…(カバーについて記事下記に記載)

本体には、他に「電源ボタン」「音量上げボタン」「音量下げボタン」「受話器ボタン」の4つのボタンが付けられています。それらを使って、Bluetoothで繋いでいる機器を操作することが出来ます。(音楽の操作など)

NFC対応

omakerm4bluetooth-7531

電源が入っているかを確認するには、どうやらメッシュの奥にLEDが潜んでいるようです。

omakerm4bluetooth-7535

また、OMAKER M4は、何気にNFCに対応している。NFCが利用できるAndroid端末などはすぐに接続が可能っぽいです。Bluetoothだけじゃないのがスゴイな!

ココが良い!&ココが残念!

全体的にみて「良いな」と思いました。スピーカーとしての「音」も申し分なく「割れ」が非常に少ないなと。結構音が大きいので、音量100%で聞く状況が全く想像できません。つまりバッテリー的には10時間から12時間は余裕で持つのではないのでしょうか?

そんな感じでコスパも良く音も良い感じに出るBluetoothスピーカーといえます。

Omaker M4の「ココは残念!」なところ。それは、「防水」というのに、USBとAUXのカバーが『防水』と言いづらいところ。もうちょっとゴムパッキン的な物でカバーされていたらなと思いました。

また、バッテリー完了は3時間程度で完了するのですが、12時間以上充電するのは良くないとの記載が。つまり、「自動的に充電完了にならない」ということ。自動で給電を切り替えてくれたら良かったなー。

しかし、やはり全体的に「良い」ところが強いです。安いし、音もよさげ。これは良いよ。

Bluetooth Speaker[関連]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です