手を使わずにパンツを履く4人組の男 on アイス

手を使わずにパンツを履く4人組の男 on アイス

なんとも奇妙なことをしているこの4人組の男性!

この4人組の男性は、2014年のカーリング世界チャンピオンのノルウェーチームです。その4人が下着会社から受けた挑戦状があり、「わが社のパンツを履いてください…手を使わずに…氷の上でね」という内容でした。

つまり上記写真は、手を使わずに身体をよじりながら、パンツを履いていく4人の様子なのです。カーリングで鍛えたであろう太い足が、ぐいぐいとパンツの中に吸い込まれていく様子。

時にはひざを使い、時には足を伸ばして、リズムに乗りながらパンツを履いていきます。その様子を是非動画でご覧アレッ!

氷上ということもあり、良い感じに足を滑らせて、パンツを履くテクニックが使えるようです。そして履き終った4人組、なんとも誇らしげ。最後になると、左から二人目が、微妙にパンツを履けていないことに他のメンバーも気付いているようですが、それはそれでいいと思います。

ちなみに、この動画には「無音バージョン」も存在して、動画を見ていると何とも言えない空気になりました。

そういえば過去にも、手を使わずにパンツを履くYouTuberさんがいましたね。今回の動画とはちょっと雰囲気が違うため、そちらの記事も是非ご覧アレッ!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です