中国のサービス会社が行った「No Face」の日に「カオナシ」のお面が付けられる

中国のサービス会社が行った「No Face」の日に「カオナシ」のお面が付けられる

サービス業の人は日々笑顔を振りまきながら日々のサービス業を行っています。接客をやったことがある人なら笑顔をずーっと振りまく行為にストレスがかかってくることがわかると思います。

そんな中、中国のサービス会社が行ったのは「No Face」の日です。

映画「千と千尋の神隠し」に出てくる「カオナシ」のお面をかぶって、全ての業務を行うという物です。これでストレスが軽減されるかわかりませんが、無理に笑顔を作らなくとも業務をこなせることにポイントがあります。

お面をかぶった「No Face」の日

nofacedaychinamask2

nofacedaychinamask7

nofacedaychinamask1

nofacedaychinamask3

nofacedaychinamask6

nofacedaychinamask5

nofacedaychinamask4

皆さんお面をかぶっていて、なんだかかなり異様で怪しい仕事場に見えますが、これでもちゃんとしたサービス会社だそうです。

お面の種類を見ていくと、「カオナシ」以外にも「アノニマス」や「Vフォー・ヴェンデッタ」が付けているお面もあるようです。

ストレスは減るでしょう…

1115-990x653
お客さんへの笑顔を「作る」作業が減る分、従業員達のストレスは多少軽減されるかも知れません。ただ、相手の表情がわからない分、何を思われているかお客さん的には不安になりそうですね。

定期的に行えばオモシロイかも知れません。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です