まだデータがありません。

ボールペンで描くNathan Lorenzanaのハイパーリアリズムな世界

ボールペンで描くNathan Lorenzanaのハイパーリアリズムな世界

ハイパーリアリズム…それは、まるで写真のように見えるが実は写真じゃない作品、そういったことの総称です。上記写真を見てください。これ、ボールペンや鉛筆で書かれたイラストなのです!

グアテマラ共和国在住のネイサン・ロレンツァーナ(Nathan Lorenzana)さんによって描かれる「水面」「水しぶき」「女性」そいうったものが、全てリアルに見えるが実はイラスト。「実はイラスト」と言われるまで、モダンな写真アートに見えていたに違いない。

これぞ「ハイパーリアリズム」と言える作品ではないだろうか?ネイサン・ロレンツァーナさんの描くその世界を堪能して欲しい。

Nathan Lorenzana Art

psycho-web

revelation-website

andreashower-web

beforethebath-web

holographie-01-website

stillness-2

through-the-vei-pilot

gabo-website

isabel-study

alive

split-second

pilot-foto-final

fleeting-thought

mathclass

tipping-point-website

amaranthine-website

transparency-of-thought-hd

abstract01

ぉおぉおおお…
いったいどのぐらいの努力があれば、ここまで極めることが出来るのだろうか…。細か過ぎるその世界。ものすごくマクロで見れば「あ、ここイラストだ」とわかるレベル。遠めではおそらくイラストだと感じないだろう…。

オフィシャルサイト

さて、毎度のことですが、ネイサン・ロレンツァーナさんのサイトで他の作品も確認することが出来ます。また、彼のFacebookページでは、コンスタントに更新があるらしいのでそちらも気にできる。

今回のイラストで興味を持ったのなら、是非とも彼のサイト、Facebookを確認して欲しい。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です