立体型のアイマスクって結構「寝れる」やつだった

立体型のアイマスクって結構「寝れる」やつだった

PC作業とかしているとどうしても目が疲れてくることがあるんだよね。だから目を休める週間が欲しいところ。

 

圧迫感が軽減されているアイマスク

こちらがその製品。ちょっと変わった形のアイマスクだ。いままで個人的に使っていた平べったいタイプのアイマスクからおさらばできちゃうヤツだ。

今まで使っていた平べったいタイプのヤツは、頭に巻いて使うタイプです。アイマスクで「巻く」と、どうしても目を圧迫する感じがあったのですが、MUSONのアイマスクはそれがない。非常にソフトで「立体型」がとにかく素晴らしい。

ちなみに製品名は「G1」だそうだ。

MUSONのアイマスクフォトレビュー

Muson anmin IMG 9121 2

まず、ソフトで柔らかいものだと感じた。この特徴的な「立体感」が他のアイマスクとは違うなと思った。。目や鼻のあたりが盛り上がっているのだ。これのやわらかさと盛り上がりで「フィット感」につながる。

Muson anmin IMG 9122

目の部分は大きく形が変わっている。このアイマスクは、アイマスクを付けた状態でも目を開けられるのだ。それがまず新鮮だ。前に使っていたアイマスクは、目を圧迫するので目を開けることが出来なかった。それに比べるとかなり快適。光はほぼ入ることはない。

鼻の部分から少し光が入ることがあるが、それは微調整すれば…というかアイマスクをしながら目を開ける状況じゃなければわからないぐらいの光だ。

結構大きめなので「めがね」を付けたまま行けるかな?とか思ったけど、それは無理だった。アイマスクを付ける時は眼鏡を外そう。

あと。通気性が良いからなのか、あんまり蒸れることはなかった。それだけでも良いな

Muson anmin IMG 9123

細かいマジックテープで締めつけを調節することが出来る。このマジックテープが細かいと、例えばコレをつけたまま寝る時に、寝具をガリガリとやらなくてすむ。かなりいいな。

ガチで寝れる

いやー、この「立体感」がかなり素晴らしいな!コレがあるだけでこんなに「アイマスク」が快適なものになってしまうのか。

目を休めたい時、快眠を求めたい時、これ、いいと思います。

アイマスクのつけ心地が変わるだけで、かなり「寝る」に向いているものになる。

 

個人的には、もうちょっとカラーバリエーションがあると色々な人に使ってもらえるんじゃないだろうかとは思った。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です