TVに刺すだけでPCになるスティック型PC「MS-NH1」

TVに刺すだけでPCになるスティック型PC「MS-NH1」

マウスコンピューターからすごいものが登場します。液晶テレビやディスプレイにHDMI接続するだけでPCになっちゃうスティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」というものが登場します。

このような「刺すだけ」はAndroidなイメージもあったのですが、MicrosoftのWindows8.1のような、低スペック環境でも動かすことができちゃうOSが出たので、WindowsもHDMIに「刺すだけ」で動いちゃう時代です。

スティック型PC「MS-NH1」

最新タブレット、2 in 1プラットホーム向けテクノロジーの採用により、手のひらに収まるサイズまでPCを小型化し、ポケットに入れて持ち運べる超軽量・小型のスティック型PCです。液晶テレビやディスプレイのHDMI接続で最新のWindows 8.1 Updateを使用することが可能です。
Via:スティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」|BTOパソコンのマウスコンピューター

Windows OSが乗って20000円ぐらい。これは値段的には微妙だけど、用途を考えていけばそれなりにイケルのではないだろうか?

用途を考えてみた

このスティック型PC「MS-NH1」の用途はどういったところにあるだろうか?すでにPCを持っている人にとっては不要でしかないでしょうが、たとえば全員が共同で使うリビングのような環境だと、これをTVにあるHDMIに刺せばPCとなる。(リビングにすでにPCつないでいる人にとっては不要)

リビングは大画面のTVが置いてある印象があり、家族で使えるPCになるのかなと。

お店とかだったら、ディスプレイ用に使えたり、どちらかというと企業向けのイメージ。

無線LAN 802.11 b/g/n (2.4GHz) & Bluetooth 4.0/4.0LEが搭載されているので、入力系はこれに頼るとして、「使える」けど、「どこで使うよ?」で悩む製品かもしれない。スペックを利用してWindowsを消し去ってサーバーとして稼働させる手もあると思われます。

HDMI対応のプロジェクターに刺しちゃうとかいいかもね!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です