アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

アート イラスト

どこかで歪んだ人生を歩んでしまったディズニープリンセス達のイラスト

なんということだ、いったいプリンセスに何があったのか…!? 様々な作品が公開されるDeviantArtのユーザーであるジェフリー・トーマス(Jeffrey Thomas:jeftoon01)さん。彼はDeviantArt内で「Twisted Princess」というディズニープリンセス達を使ったシリーズを公開しています。 このシリーズは、ディズニープリンセス達が、何とも言えない変貌を遂げているイラストです。例えば、あの「不思議の国のアリス」のアリスが、かなりダークな雰囲気になっていたりします…。

アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

【ムシ注意】世界的な有名絵画と昆虫をまぜたデジタルート作品

写真家でありデザイナーのAntonia Korchevaさん、がBehanceで公開してるデジタルアートがキモスゴイ。 ルネ・マグリットの「人の子」(The Son of Man)やエドヴァルド・ムンクの「叫び」(he Scream)などの有名絵画と、「ムシ」の顔を組み合わせたとんでもデジタルアートです。 いやはや、良く知られている絵画だけあって、これだけ変化があるととても奇妙な物です。 ※ムシが苦手な人は注意してください

アート

とっても迫力のあるポケモンファンアート:CHOBI-PHO

デジタルアーティストのCHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんが描いたポケモンファンアートが、とっても迫力のある塗りかたをされている。上記写真は、ポケットモンスターのリザードンを描いた物の一部です。この全体像を是非見て欲しい。CHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんの塗りに魅了されてほしい。

ガジェット レビュー

6千円以下のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンを試してみた

投稿日:

やれやれ、どうして 静かな環境 で作業できないモノなのか。せや、 ノイズキャンセリング のアイテム使えばいいんや。

ってことで、ノイズキャンセリングヘッドホン を紹介します。今回、 Mpow (エムポー)さんから提案され、 ワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン を レビュー させて頂きます。

  • 6千円以下のワイヤレスヘッドセット
  • ノイズキャンセリング機能があり
  • 割と良いと感じた

まず、数日間使ってみての印象です。使った場所は部屋や人のいる環境(カフェ的な)などいくつかのシーンで試しましたが、ノイズキャンセリングは結構効いているなと思います。集中して作業をしたいとき、やっぱノイズキャンセルなヘッドホンって良いなと思いました。

ということで、Mpowのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンをご紹介!!いやー、Mpowさんってマジで色々な製品出しているなー。助かるわ。

Mpowのノイズキャンセリングヘッドホン

今回紹介するノイズキャンセリングヘッドホンはMpowさんのH6(型番はBH160A)という製品。まず、特筆すべき事は、製品が6000円以下だと言うことだ。メージャーメーカーなノイズキャンセリングなヘッドホンとかだと普通に数万円するヤツとか出てきます。ただし、こういうMpowさんのような所だと、安価なかんじで機能がついた製品があるんですよね。

Mpowwirelessnoisecancel 243A4671
「値段が安いから良くないんじゃね?」って思われがちですが、使ってみたらその思いは消えるでしょう。むしろ「やるやんけ!!」と褒めてしまいそうになる。

Mpowwirelessnoisecancel 243A4683

ぶっちゃけ、SONYとかBOSEとかのノイズキャンセリングヘッドホンと比べるとさすがに差は出てきますが、6000円以下でこのクオリティなら満足です。「よくやった!!」って感じ。

さらっとMpow H6の「いいな」を紹介

Mpowwirelessnoisecancel 243A4677

まず、Mpow H6の特徴とかをサラッと列挙します。

  • ノイキャンで「環境音」は消える
  • 人の声は聞こえる
  • それでも環境音がないので集中できる
  • Bluetoothで最大2台までペアリング可能
  • ヘッドホン本体にボタンがあり、音量操作など曲送りが可能
  • セミハードケース付き

まず、ノイズキャンセリング(ノイキャン)の機能は割と優秀だと感じます。もちろん、先に挙げたSONYやBOSEといった製品と比べると「ん?」ですけど、初のノイキャンとかだったらコレは結構完動すると思います。音が消えると、やっぱり集中できて、ライティングとかが結構良い感じになります。今現在使ってますけど、まーかきやすい。

ノイキャンって、環境音が消されるだけで、人の声は通るんですよね。なので嫁氏(GUMIさん)にもちゃんと反応できちゃう。

ヘッドセットの接続はAUX(3.5オーディオ)ケーブルを使って有線接続するかBluetooth接続です。スマホやMacならやっぱBluetoothですよね。おまけに2台までペアリング。ケーブルレスってのが良い。ちなみに有線の時はバッテリー不要です。

Mpowwirelessnoisecancel 243A4675
んで、音楽聴く人には嬉しく、ヘッドホン側で曲の操作できちゃう。ヘッドセットを付けながら読書、そして音楽変えたいときにヘッドセットで音量調節や操作…的なね。

あと、持ち運びを考えてかセミハードケースがつきます。正直要らない。

Mpowwirelessnoisecancel 243A4685
ヘッドホンとしての音は結構クリアでした。オンイヤーの密閉式なので良い感じに聞こえてくれます。イヤーカップも柔らかく超時間視聴していても疲れませんでした。

Mpowwirelessnoisecancel 243A4684
最期に、バッテリーが結構長く持ちますね。ボクは数日間使い倒しましたが、はっきり言って充電してないです。説明書には20~15時間ほどバッテリーが持つみたいです。イヤホンタイプではあり得ないバッテリーの持ち。

ちょっと「うーん」だなと思ったこと

ノイズキャンセルで環境音消えて、けっこういいなって思えるんですが欠点もあるんですよね。今回のノイズキャンセリングはアクティブ・ノイズ・コントロール(ANC)をつかって環境音を消しているタイプのヤツ。なのでその特性上、ホワイトノイズのような「サー」という音が乗っちゃう、もしくは無音の時に気になる感じです。「気にしなければ気にならない」レベルの音なのですが「無音」なシーンがある曲だとちょっと気になっちゃう。なのでアカペラとかちょっと合わないかも。

あと、低音よりなのでフラットを好むボクとしては「うわー、ドンシャリかー」って思いました。そっち系の曲なら映えます。

そこっすね。音の好みが完全に合わない人、アコースティックとか静かな曲を好む人には向かない。正直向かないです。

それでもこの安さは魅力的

Mpowwirelessnoisecancel 243A4678

今回、レビューでMpowのH6を試させて頂きましたが、「なんか良い感じのノイズキャンセルない?」って言われたら十分推せる製品であることは間違いないです。いや、予算があるならぜんぜんSONYとかBOSEとか勧めますが、「お試し」で使ってみたい人になら、コチラの製品を勧めますね。

  • 6000円以下のワイヤレスヘッドホン
  • 環境音消えて集中できるわー
  • 低音強めだわー
  • バッテリーは20~25時間もつよ

こんな感じ。聴いている曲が問題ないならGOしちゃって下さい。ほんと、この製品はそれだけだと思います。














-ガジェット, レビュー
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.