両端子がリバーシブル仕様なmicroUSBケーブルの2in1セット

両端子がリバーシブル仕様なmicroUSBケーブルの2in1セット

USBの製品をつなぐときに、一度は体験したことが有るであろう、USB端子刺し間違い。最近では、リバーシブル仕様のUSBが出てきて、USB端子の刺し間違いが減っていくような気がしています。

そんなリバーシブル仕様のUSBを企業さんより提供いただきました。しかも、USBのオス・メスの両方がリバーシブル仕様のマイクロUSBなのです。

Omakerさんからいただいた、両端子がリバーシブル仕様のmicroUSBケーブルをご紹介します。

両端子がリバーシブル仕様!

こちらがOmakerさんよりご提供いただいたリバーシブルマイクロUSBです。USBのメス側とオス側の両端子がリバーシブルなんで、どちらも差し間違えが起きません。

71YbOuYxytL._SL1500_

リバーシブル端子は上記写真のようになっています。そのうちコレが標準の清和井が来ると考えています。

omakerreversiblemicrousb3

ケーブルはナイロン製で、これまた脱線の心配がない。さらに、ケーブルにはケーブルをまとめる部品もついていて、それまた親切さを感じました。

2 in 1とはいったい何か?

製品の説明にもある「2 in 1」とはいったいなんだろうと思っていたのですが、Omakerさんから製品が届いて意味がわかりました。以下をご覧ください。

omakerreversiblemicrousb

Omakerさんのいつもの箱に入っている。

omakerreversiblemicrousb2

箱を開けると、二つのマイクロUSBケーブルが…!?そうです、「2in1」とは、つまり両端子がリバーシブル仕様になっているマイクロUSBが二本セットになっているということです。

Omakerさんの製品は1mのナイロン製両端子がリバーシブル仕様なマイクロUSBケーブルが二本セットで入っています。これはまじでよさげなセット!

リバーシブル仕様の効果はいかほどに

リバーシブル仕様のUSBケーブルを使ったこと有る人ならわかると思いますが、まず、刺し間違いは有りません。ストレスフリーになります。ただ、ケーブルを刺すとき、通常のUSBの抜き差しとは違った感触なので、それには戸惑うと思います。それさえわかっていらば、リバーシブル仕様のUSBケーブルを使わない手はない…と。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です