Manfrottoのミニ三脚「PIXI EVO」は軽量でコンパクト!

Manfrottoのミニ三脚「PIXI EVO」は軽量でコンパクト!

イタリアの三脚メーカーManfrotto(マンフロット)の「PIXI EVO」をご紹介します。特徴としてはコンパクトで軽量なタイプの三脚で、「三脚を持ち運びたいぞ」って人に良い感じのヤツです。マジでそう思う。

「PIXI EVO」250gぐらいと重くなく、そんなに大きくないのでカバンにすぽっと入るタイプの三脚です。つまりモバイルな三脚だ!!!

さすが世界でなの知れた三脚メーカーだけあります。小さいながらも安定した撮影を実現できちゃいます。

もし、モバイル用の三脚を考えているのでしたら、これは選択肢としてわりと上位に入れちゃっても良い感じです。

Manfrottoのミニ三脚「PIXI EVO」

こちらが今回ご紹介するマンフロットの製品です。ミニ三脚「PIXI」シリーズの大きいヤツ、「EVO」です。2段階の開脚と5段階の脚の伸縮が可能。パンは360°回転で縦位置撮影も出来ちゃうんだぜ!!?

わりと写真撮影に対して柔軟な印象の三脚です。

本体重量は250gぐらいで最大耐荷重2.5kgの重量に耐えられます。これはつまり、一眼レフなんかもこの三脚に載せて撮影が出来てしまうって事ですよ!!(レンズによる)

素材的にはアダプトとアルミニウムという軽量で強いヤツが使われており何となく安心感がある。

個人的な使い方としては、コンデジやiPhoneなどを載せての撮影。GoProなんてアクションカメラも乗っけちゃったり、家というより外出先で使うパターンが多いっす!!

とりあえず、「PIXI EVO」について写真をいくつか撮影したのでご紹介します。

「PIXI EVO」のフォトレビュー

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0100 2

Manfrotto PIXI EVOの外見。良く言われているのが『攻殻機動隊』にでてくる「タチコマ」って表現。「なるほどな」って感じのフォルム。めっちゃロボットっぽい。このマンフロットのロゴがなんかロボットの目に見える。

このロゴ部分は自由雲台のつまみになっており、自由雲台の締めをこれでやる。マンフロットのロゴが正しい位置になると自由雲台がユルユルになる。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0103

この「Manfrotto」ってロゴが良いね!憧れのメーカーの一つでも合ったから、今回手に入れて割とマジで喜んでいる。コレのステッカーが欲しい。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0104

三脚は折り畳むことが出来る。太さ的には細い缶ジュースぐらい合って、高さ的にはペットボトル飲料ぐらいある。例えばスマホを取り付けたとしたら、折り畳んだ状態なら自撮り棒的な持ち方が可能。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0105

正面。まずコレがカッコいい。好きです、付き合ってください!!

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0107

マンフロットの赤いロゴのつまみをクルッと回せば自由雲台が動く。360°グルグル回せるのでかなり自由だ。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0114

マンフロットの雲台部分には回転するつまみがある。コレは何かというと、そのまま三脚用のスクリュー(1/4)を回転させることが出来るのだ。これだと本体を回転させることなく取り付けられる。ミニ三脚に普通の三脚の機能がついちゃってるんだなー。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0108

スマホを取り付けるとこんな感じ。ボクが使う場合は、Shoulderpodのスマホマウントだ。オススメですのでぜひともどうぞ。

さすが2.5kgまでたえられることですな。全く動じない感じが良い。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0109

olloclipをつけて見下げて撮影。良い感じに角度調節できるのも「PIXI EVO」の特徴だ。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0113

縦位置で撮影するシーンはこんな感じ。割とチャン撮影できている。ただ、スマホとかの場合は、「PIXI EVO」の脚が写ってしまうかも知れないのでその辺りはちょっと工夫が必要だったりする。

2段階の開脚、5段階の伸縮

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0115

PIXI EVOのつまみ部分。これをスライドさせてあげると脚の開脚が変わる。

Manfrottopixievomtpixievo wh

開きとしてはこうなります。つまり低い位置の撮影が可能なのだ。

Manfrottopixievougoki

さらに三脚のボタンを押すと伸縮する仕様。5段階だとこんな感じになります。

微妙な可動なのでコレを頻繁に使うかどうかはわからない。1本だけ伸ばして角度をつけるって時にはよいかも知れない。

脚の金属部分はなんか折れなさそうな形状をしている。

一眼レフはちょっとどうなの?

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0124

2kg以下の一眼レフを乗っけてみた。まぁ、横位置なら問題なく支えてくれている印象。

Manfrottopixievosankyakusankyaku IMG 0125

これを縦位置にかえるとちょっとだけ三脚の形状が変わる。クッションになってるんだろうけど、ちょっとこわい。この写真では、あえて90度にせずに撮影しました。こんな角度で撮影することは個人的に無いんだろうけど、ちょっと怖いなー。

ただ、これは「脚を伸ばしている」状態でのこと。足を閉じた状態ならあんまり歪まなかった。

一眼レフの重さによっては倒れたちゃうっぽいので、ストラップとかを使って固定しちゃう感じだな。

持ち運びが最強

家には三脚があるので、こいつは外出用の三脚です。コンパクトで軽量ってのがまさにそれ。そして耐荷重が2.5kgという安心感。というか、マンフロットって言う安心感。それがいいね。

ちなみに、どうやらすごく人気の製品で、Amazonでさえ予約待ち状態。ボクが注文したのはホワイトカラー。他にもブラックとレッドがあるよ!!

あと、値段見てもらえればわかるんだけど、「え?こんな安いの?」って思えるほど安いからね。外用のちょっとした三脚を探している人にオススメです。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です