株式会社コーテックのMagconn搭載iPhone充電セットを手に入れた!

株式会社コーテックのMagconn搭載iPhone充電セットを手に入れた!

iPhoneのバッテリー内蔵ケースを探している時に、見つけた素晴らしいガジェットをご紹介します。半導体製造装置の取り扱いを行う株式会社コーテックさんによる、iPhoneのケースです。

あれ?バッテリー内蔵ケースは?

といつの間にか全くジャンルの違うケースを手に入れていました。

この株式会社コーテックさんのケースには、Magconnコネクタという部品が付いていて、それにより特別な充電が可能なのです。以前に合った「非接触充電方式」(Qiなど)もどきなのですが、その方式が良い感じに充電できる装置です。

さらに、Magconn搭載のモバイルバッテリーもあり、それをケースに取り付けたまま操作が可能です。言うなれば、バッテリーの取り外し可能なケースということです。しかもマグネット接続…。

人柱感覚で購入しました

Magconnいいやんけ!

magconn

これが今回手に入れたMagconnです。セット内容は「MagconniPhone5ケース」「Magconnケーブル」「モバイルバッテリ」と初心者にはかなり豪華なセットです。これをAmazonでゲットしました。

ちなみに、「MagconniPhone5ケース」「Magconnケーブル」の2つセットで6000円以上するのですが、3つセットでなぜか2つセットより値下げが起きるという謎のセットです。Amazonのセール価格(いつまでか不明)で5000円でした。

ちなみに、Magconn搭載した車載用スタンドや卓上スタンド、置くだけで充電できる台もあります。

Magconnとは?

magconn説明書

これはMagconnの説明書にあったやつです。Magconnコネクタ同士で接続が可能で、コノ接続方式に惚れました。「非接触充電方式」(Qiなど)とは違い、直接接続しているのでLightningケーブルと同等の速度で充電が可能だとか。(実際に試して普通の速度で充電できました)

Magconnスライドケース

magcommcase

それではMagconnスライドケースをご紹介したいと思います。背面にMagconnがあることがわかります。

magconcasenaka

iPhone5sと並べてみたところです。iPhone5用ケースということは、iPhone5sもはいります。

magconsuraido

「スライドケース」とは、写真のように端子が下にスライドします。そのため、ケースに無理やり入れるようなことはなく、Lightnigケーブルで固定するといった感じです。するとぴったりはまる。賢いケースの構造でした。

micro-bamagcomn

そして装着するとこんな感じ。1~2cmぐらい下に出る以外は「でかい」と言う印象はありません。iPhone6の方がでかいんじゃないかなと。

micro-bana

スピーカーとマイクの穴が前面に出るように用意されていました。背面のMagconnカラ充電意外に「micro-B」カラの充電が可能なようです。しっかりとイヤホンジャックの穴もありました。

背面のカメラ穴もちゃんと空いていて写真撮影に全く問題ありません。

Magconnケーブル

magconnconect

これがMagconnです。丸い感じ。反対側に接触点があります。マグネットがアリ「カチッ」と反対側に付いちゃいます。

magconntauch

やっちゃいけないと書いてありましたが、ケーブルをもってiPhoneも持ち上げられるほどマグネットでしっかりと接続されます。すばらしい!さらにいえば、これを接続したまま回せます。ケーブルの取り巻きに困らない!

※記事下部に動画を掲載しています。

モバイルバッテリー

201mahcao

モバイルバッテリーもMagconnがついています。こちらが充電面なのですが、背面には出力出来る部Bンもあります。これが何がいいかわかりますか?

このモバイルバッテリーを重ねて利用することも可能なのです。そして充電も可能です。僕は1つしか持ってないので試せません。すいません。ただし、スライドケースにバッテリーを接続詞ながら充電も可能です。

※2100mAhはバッテリーに記載されているものです。バッテリーの箱には1800mAh、と記載されています。そちらの方が正しいかも知れません。

micro-Bbattery

実際に充電をしてみて気付いたのですが、なんと、こちらにもmicro-Bが接続可能でした。「Magconnいらんやん?」とか一瞬思ったのですが、Magconnは出先で使おうかなと。ちなにみUSB出力もあります。バッテリーとしてもOK!

インジゲーターでバッテリー充電状況もわかりやすくてシンプルで、「カラーバリエーション」があるのが素敵。

magconnseteowa

実際にモバイルバッテリーをスライドケースに接続してみた感じです。これ、マグネットが強力で、「離れない」です。つまりこのまま利用が可能です。あるいみ「バッテリー内蔵ケース」を実現できました。

不要な時は鞄にでもしまっておけばいいので、これが理想とする「バッテリー内蔵ケース」なんじゃないかなと。

個人的な不満点

おおむね希望通りのケースでした。バッテリーを取外しできますし、「Magconnがすごいな」と言う印象もあります。ただ、やっぱり「完璧」ではないのですよ。

イヤホンケーブルが無い

「MagconniPhone5ケース」にはイヤホンケーブルを刺す穴があるのですが、「イヤホンケーブル」が付いていないのです。もったいない。ここはイヤホンケーブルを付けて欲しかった。L字のイヤホンを使っている人はこのケースは使えません。イヤホンの延長が必要です。

magcomturuturu

そしてこのケース。うーむ。テッカテカです。つるっつるです。これまで革のケースを使ってきていたのでこれはちょっと…いや、慣れなんでしょうけどね。なんならペイントをしちゃえばいいのかなと。

まずは使ってみる!

通常なら使用してみてからレビューを書けばいいのですが、これはMagconnというガジェット感バリバリのモノだったので即行記事に仕上げました。まず、触ってみて「これはイケる」と確信しました。それぐらい株式会社コーテックのMagconnが良い物だと感じたわけです。

実は、gori.meのゴリさんに「バッテリー内蔵のケース」を質問で聞いていたのですが、その過程でこの株式会社コーテックさんのケースに出会いました。ゴリさん!全く違うケースを選んでしまっても仕分けないッす!


こんな感じで使えます。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です