Macで隠しファイルを表示する方法

Macで隠しファイルを表示する方法

Macで隠しファイル(「.」から始まるファイル)が表示されていなく、Macには隠しファイルを表示する項目がないことに気づきました。しかしMacでは「Terminal(ターミナル)」より、その機能をON/OFFできるそうです。

この記事では、隠しファイル(「.」から始まるファイル)を「ターミナル」を使って表示できるようにする方法を紹介します。

OSX Yosemiteよりこの方法が有効なことを確認しました。ただし、「ターミナル」を扱うので自己責任でお願いします。

隠しファイルを表示する方法

隠しファイルとは

隠しファイルはこういうやつ
この記事で言う「隠しファイル」とは、上記写真の「.〜〜」のようなファイルのことを言います。WordPressの「.htaccess」を触りたいときに、表示する項目がないことに気づきました。そして調べあげて、とても簡単にできることがわかりました。

「ターミナル」より設定します。

ターミナルはここです。
「ターミナル」とは、Finderを開いて、「アプリケーション」>「ユーティリティ」の中に有ります。こいつは、Windowsで言うところの「コマンド・プロンプト」的なもので、ここに命令文を書き込んでそれらが実行されます。

ここに「Finderさん、隠しファイル見えるようにしてよ」という命令を送ります。

ターミナルの設定
以下を順番通りに「ターミナル」に打ち込みます。(コピペ可)

隠しファイルを表示する

//まずはこれを打ち込みEnter
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

続いてこちらを打ち込む。

//再起動させます。Enterで実行
killall Finder

たったこの二行だけでMacで隠しファイルが表示されます。続いて、その機能をオフにする方法をご紹介。

隠しファイルを非表示する。

//再起動させます。
killall Finder

 

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

続いて、こちらを打ち込む。

//再起動させます。Enterで実行
killall Finder

自己責任でお願いしたい

「ターミナル」を扱うので、下手をしたらファイルが壊れてしまうかもしれません。しかし、たった二行です。間違えようがありませんので、この方法でMacで隠しファイルを表示することが可能です。お疲れ様でした。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です