Macでの画像一括リサイズに「iMage Tools」

Macでの画像一括リサイズに「iMage Tools」

このブログで乗せている画像などは、一定のサイズ(800px)で掲載するようにしています。たくさん画像がある時とか、ぶっちゃけPhotoshopでリサイズしていくのが非常に面倒です。特別なプリセットを作る方法もあって、それでもいいのですが、その手間を考えると別途アプリを利用するほうが良いです。

今回紹介する「Image Tools」は、そんな一括でリサイズしたい人の願いを一発で叶えてしまう無料アプリなのです。さらにさらに「他の要素」もあるのです。紹介しちゃうよ!

iMage Tools

こちらが今回紹介する「iMage Tools」です。無料なので説明を読まなくていい人はそのままDLしちゃってください。

一括リサイズ

imagetoolsfree3

とりあえず起動するとスプラッシュ(起動時に出るうっとうしいヤツ)がでます。それが終ると上記の画面が出てくるわけです。「Drop Images or Folders Here」と書かれている通り、リサイズとかしたい画像をドロップするか、画像が入っているフォルダを選択します。

imagetoolsfree2

そしてこれが、実際に画像をいくつか入れてみてリサイズしてみるまでの様子です。右下のバーをスライドさせると表示されている画像のサイズを変えれます。これでなんの画像が読み込まれているか一発でわかります。

操作するのは右側のバーだけです。一番上にある「Resize」がリサイズです。

imagetoolsfree1

「Fixed Widt」、「Fixes Height」、「Percentage」、「Fit to Rectangle」とリサイズ方法がアリ、ボクが使うのは「Fixed Widt」です。一応、どういう機能か書いておきます。

  • Fixed Widt … 横幅を○○に合わせる
  • Fixes Height … 縦幅を○○に合わせる
  • Percentage … ○○%にリサイズ
  • Fit to Rectangle … 横幅と縦幅を指定

こんな感じの4つのリサイズ方法があります。僕は横幅だけを合わせるので「Fixed Widt」でいいというわけです。(「Fit to Rectangle」ってどういうシーンで必要なのか…)

とりあえず設定が終ったら「START」を押します。保存フォルダを指定するように言われるので、保存したい場所を設定しちゃう。

これで一括のリサイズが可能です。

リサイズ以外もある

リサイズ意外にも下を見ていくといくつかの設定があります。たとえば影をつけたり角丸にしたりと思うような設定を入れちゃってください。ウォーターマーク(透かし)なんて設定はうれしいかも知れませんね。

 

プリセット登録ができる

imagetoolsmacfree

色々設定してまた設定し直すと面倒くさいですよね?そんなことを考えなくても「プリセット」として登録しちゃえば「あーリサイズしたい、設定めんどいモウマヂムリ」から開放されちゃうということです。

まとめ

ということで、画像のリサイズ一括変換は「iMage Tools」を使ってみてはどうでしょうかねー?@kissatenでしたー。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です