Mac用TwitterクライアントにTweetDeckを使う【無料】

Mac用TwitterクライアントにTweetDeckを使う【無料】

Macのアプリはなるべく無料で済まそうと思っている@kissatenです。現在、Macが届いてまだ1ヶ月に達していないのですが、アプリを色々と漁っています。

そんな中、TwitterクライアントにWEBベースかアプリベースで悩み、アプリベースのTwitterクライアントを使用することにしました。かといって、有料アプリは使いたくないので、無料のTwitterクライアントの「TweetDeck」を利用することにしました。

しかも開発元は、「Twitter, Inc.」そうです。Twitterの大元が作ったアプリなのです。もうこの時点で安全なあぷりだと理解しました。

無料TwitterクライアントTweetDeck

こちらがTweetDeck、正真正銘の無料アプリです。開発元も、しっかり「Twitter, Inc.」と明記されています。無料系は「安全ではないかもしれない」という考えからなるべく警戒して使っています。今回のは完全に大元なので安心です。

画面はこんな感じ

TweetDeckはこんな画面です。
TweetDeckの起動画面はこんな感じです。このアプリはかなり自由で、表示したいカラムを自分で追記したり消したりできます。僕はTwitterアカウントを複数利用しているので、これは本当に嬉しいです。ちなみに、TweetDeckには5つのアカウントを登録してあります。

いっぱいある

カラムにいっぱい登録できる。

いっぱい登録できる

登録できる項目は

  • Home…アカウント毎のホーム
  • Search…検索結果
  • Notifications…アカウントに起きたイベント
  • Followers…フォロワー
  • Mention…メンションを確認
  • Messages…メッセージを確認
  • Mention(All)…全員のメンションの確認
  • Message(All)…全員のメッセージの確認
  • Activity
  • User
  • Favorites
  • Trending
  • Lists
  • Collections
  • Scheduled

よく使うであろう項目には説明をつけました。TweetDeckは「こんなにも」カラムに登録できちゃいます。たくさん登録すると画面をスクロールすのは大変ですが、いっぱい使うであろう人には使えるものです。

さらには、スケジュール機能で、○時○分に投稿とかできちゃう。すごい!イタレリ尽くせる!

まとめ

  • まず無料が前提
  • WEBじゃなくてアプリ
  • カラムで見やすく
  • アカウントを複数使える
  • スケジュールもいける

どうよ?無料なのに結構使えるアプリだと思われます。そして、メモリもあんまり使ってないのが素晴らしい。無料なので、是非一度おためしあれ!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です