SONY、LED電球とスピーカーを一体化したLED電球スピーカーを発売

SONY、LED電球とスピーカーを一体化したLED電球スピーカーを発売

SONYから何だか面白いモノが販売される。なんと「LED電球」と「スピーカー」を一体化させたLED電球スピーカー(LSPX-100E26J)が5月23日より販売されるという。

つまり、部屋を照らしながら音楽を楽しめるグッズとなっています。SONYから販売されるLED電球スピーカー(LSPX-100E26J)についてご紹介します。

LED電球スピーカー

ダイニングやリビングルーム、寝室などの照明器具の電球を本機に取り換えるだけで、電球から音が出る新体験を実現します。配線作業の煩わしさや、物が増えつづける悩みなどを感じることなく、通常のLED電球と同等サイズまで小型化したシンプルなデザインが、インテリアに自然に溶け込みます。これまで音楽再生機器があまり設置されておらず、音楽を楽しむという感覚が薄かったキッチンや洗面所なども、本機をソケットに差し込むだけで、明かりと一緒に音楽が降り注ぐという感覚を体験できる空間に変わります。加えて、Bluetooth®対応スマートフォン、タブレットやPCなどから、端末内の音楽を手軽にワイヤレス再生できます。また、スマートフォンに加え、付属のリモコンでも音量と調光のコントロールが行えます。

電球の電源を使うことで、スピーカーの場所をとらずに音楽を流せるという仕組みです。ただし、明るさは360lm(ルーメン)とあまり明るくない印象。インテリアスタンドなどに取りつけ、そこから音楽を流すスタイルが良いかも知れない。

これは面白いガジェットだな

 

こんな感じだそうです

LSPX-100E26J

Androi/iOSの専用アプリより音楽の再生や調光がかのう。専用リモコンも基本的な操作が出来るようです。

LSPX-100E26J-3

シーンに合わせて音楽を楽しめる代物ということですね。

ちょっとしたムード作りに

「ちょっと今日はムードをよくしよう!あの子と…!」なんて思う時、役立つかも知れない。この明るさだったらべんきょうのときとかにいいのかなー?電球のスペースで音楽を聴けるのがいいな。スピーカーの場所を取らないのが良い。

LED電球スピーカー『LSPX-100E26J』 24,000円前後…うーむどうしよっかなー。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です