3Dがリアルタイムに塗られていくディズニーの塗り絵がスゴイ

3Dがリアルタイムに塗られていくディズニーの塗り絵がスゴイ

子供の時「塗り絵」をしたことはないだろうか?現在では、塗り絵は子供たちだけの物ではなく「大人の塗り絵」なんてジャンルの塗り絵も存在します。

子供たちは色のないキャラクターを自分たちの色で塗ったり、大人たちは色のない絵画に色を付け加えたりしているのです。

そんな中、ディズニーの「塗り絵」がすごいことになっている。AR(Augmented Reality:拡張現実)を利用した塗り絵。塗られていく「塗り絵」は、デバイスなどの中で3Dモデルで表示されていく。そして、段々と塗られていく様子が、3Dモデルにも適応されていくのです。

リアルタイムに塗られていく3Dモデルがすごい。

3Dモデルが塗られていく

Live Texturing of Augmented Reality Characters from Colored Drawings

動画では、デバイス内で3Dで表示されているゾウが塗られている様子や、タコ(?)らしき物が塗られた物が公開されています。塗っている最中でも3Dモデルが塗られていくのがわかると思います。そして、背面までしっかりと塗られている。

塗られたキャラクターは、踊るといった動きをするようです。

これまでに出ている似たアプリ

Quiver Augmented Reality – Official Trailer

これまでにも「塗り絵」が3Dになるアプリ「Quiver」等がありました。ディズニーのはリアルタイムなのがスゴイっすね…。

アニメキャラででないかな?

こういうのって「◦◦レンジャー」とか「セーラームーン」とか「プリキュア」などの塗り絵でも出てくれないかな?いや、もしかしたら探したらあるのかも知れない。

塗り絵で3Dになって、さらにリアルタイムで塗られていく様子が見れたら、スゴイだろうなー。お子さんがいる人は特に楽しめそう。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です