トヨタのトップドライバーが見せる華麗なテクニックとジャパニメーションの融合ムービー

トヨタのトップドライバーが見せる華麗なテクニックとジャパニメーションの融合ムービー

こういった企業の試みをいつまでも続けていただきたい!!

TOYOTA GAZOO Racingよりまたまた面白い映像が飛び込んできた!!TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ(以下、ラトバラ)がドライビングテクニックを見せつつジャパニメーションと融合したショートームービー!!

レースに潜む”魔物”がラトバラに襲いかかる!!そしてそれをラトバラの化身「羅兎薔薇」によって打ち勝つというもの。

実際にラトバラが運転して華麗なドライビングテクニックをみせつつ、激しく動くジャパニメーションが合わさった迫力ある映像となっていますう。

VS SAMURAI羅兎薔薇

コチラが今回ご紹介する映像「VS SAMURAI羅兎薔薇」です。ラトバラはWRC通算17勝を誇るフィンランド人ラリードライバー。今回の映像はまさかのラトバラ主演の映像なのだ。

Samurailatvala
数々のドライビングテクニック、そして迫り来る魔物と闘う侍になったラトバラの化身「羅兎薔薇」。速すぎて何度も見返しちゃうぞ!!

まるで映画のワンシーンのようだ。いいな、めっちゃ好きだわコレ。

アニメーションデザイン:ゴッドテイル
テーマソング:MunizO – Push The Limits(For Better)

映像を見たラトバラのコメント

今回、自信とジャパニメーションが融合した映像を見てラトバラ本人からいくつかのコメントがあるようです。

映像を見ての感想は?

CMの第一印象は、アクション映画のようで、アーノルド・シュワルツェネッガーがヒーロー役と して出演していた90年代初期の映画、「Last Action Hero(ラスト・アクション・ヒーロー)」 を思い起こさせてくれました。リアルなアクションが最初から最後までずっと続いているようでした!

アニメーションについてはどう思いますか?

アニメーションはすごくよくできており、展開にわくわくします。画面の切り替えがちょっと速 く感じたり、内容を追うのに難しい部分はありますが、総合的にはとてもエキサイティングで他 にはないアニメになっています。フィンランドにはこのようなアニメやCMはないので、こういっ たアニメを見られるのはとても素晴らしいです!

映像で一番好きなシーンはどこですか?

わたしが一番好きなのは、実際のラリードライビングの映像が使われている点です。やはり本物 の運転を見せるのがいいので、ここがアニメになっていたらがっかりしていました。特に最後の シーンの、僕が360°ターンをしたあとのウサギと一緒に車に乗っているシーンが最高です。

この動画を最初に誰に見せましたか?

(私の彼女) マイサに、前情報なしでこの動画を送ってみました。彼女は笑いながら電話してき て、一言目が「このムービー、一体なんなの!?」と。すごくおもしろかったみたいです。

Latvalarabitt

言われてみればはっちゃけっぷりがラストアクションヒーローみたいw そして彼女さんのリアクションにニヤリと出来ます。

また、今回の映像のメイキングでもラトバラによるコメントが見られます。

TOYOTA GAZOO Racingのこれから

トヨタの「もっといいクルマづくり」の一つの形としてTOYOTA GAZOO Racingはこう言う映像をどんどんじゃんじゃん作っていって欲しいですね!アニメーション良いじゃ無いですか!!ナイキみたいにもっと色んな人を起用してやって欲しい!!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です