金網を使って動物を再現したKendra Hasteのアート

金網を使って動物を再現したKendra Hasteのアート

こちらの非常にリアルに作られたライオン、いったい何の素材を使って作られていると思いますか?実はこのライオンは「金網」を重ね合わせて作られているのです。まことに信じがたい。

こちらのアートを作ったのは、英国のアーティスト、ケンドラ・ヘイスト(Kendra Haste)さんです。彼女が作り出す動物達は、とてもリアル。でもそれでも金網なのです。

彼女の作品集よりいくつかの金網な動物をご紹介します。「ライオン」を始め、「ホッキョクグマ」「サイ」「キリン」「イルカ」「ウサギ」などたくさんの動物が作られています。

Kendra Haste

malelion5-big

famalelion1-big

pbear1-big

Rhino4-big

gir-big

clep1-big

dolphin1-big

sl1-big

rab1-big

hyaena1.1-big

stag1-big

tolbab1-big

dog1-big

malelion6-big

watel1-big

watel3-big

ご覧になるとわかる通り、動物達の骨格や筋肉質な部分。ふさふさとした毛並みの雰囲気が「金網」で表現されているのです。「ゾウ」のような大きな物まで作られているのが驚きです。

さて、いったいどのような工程を得てこれが出来ているのでしょうか?ケンドラ・ヘイストさんが動画を公開しておりました。

どうやって作るの?

Royal Beasts at the Tower of London

動画で全ての制作工程がわかるのではないですが、金網を重ねているのがわかります。だんだんと肉をつけていくような感じでしょうね。

生きている「金網」

まるで生きているかのようなリアルな「金網」で作られた動物達でした。今回ご紹介したのはケンドラ・ヘイストさんの作品の極一部です。本当にたくさんの動物達がいらっしゃるのでHPやFacebookページに見に行くことをオススメします。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です