1972年からミニチュアな本を集め続けた男性、その数4500冊を越え

1972年からミニチュアな本を集め続けた男性、その数4500冊を越え

思わずコレクトしてしまいそうになるミニチュアな本たち。ジョゼフ・タリ(Jozsef Tari)さんは、小さな本達を1972年から収集しているそうです。

今まで集まったミニチュアな本達は4500冊を超えているそうです。所持しているミニチュアブックの中には、世界最小の本といわれている(2.9 X 3.2ミリメートル)物まで所持しているとか。

ジョゼフ・タリさんのHPにもいくつか公開されていたのですが、今回はデザイン情報サイトdesign you trustより彼のコレクションをいくつかご紹介します。

たくさんのミニチュアな本

diohejban

MagyarKiralyok

Juhaszelet_02

1974KnjigaBook_01

ImReichderTiere

6120

legerdekesebbek

989

クルミ大の小さな本があると思いきや、マッチよりも小さな本もあったり、ジョゼフ・タリさんが集めたミニチュアブックがすげーなってことがわかります。コレクションの中にはカラーのミニチュアブックもあるようで、これは2000年代に発売された比較的新しい本だそうです。

ジョゼフ・タリさんのコレクションには米国、メキシコ、カナダ、オーストラリア、インドネシア、日本の本があるようです。日本で言うと、個人的にミニチュアな辞書を手に取った事があります。びっしりと文字が書かれていて、貴重な本だったので読んでいる時に汗ばまないか心配でした。

蔵書が4500冊あるにもかかわらず、本棚の大きさがそんなに大きくなく済むのがなんだかミニチュアブックっぽいですね。

サイトでモット見よう

ジョゼフ・タリさんのサイトでは、本についてサイズや作られた年代などがかかれている物があります。ミニチュアブックに興味ある人は、是非とも彼のサイトを訪れてみてはどうだろうか?

本に印刷(書く)するのもすごいのですが、カバーとかどうやって付けてんだろうか…、なんて考えてしまいますね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です