まだデータがありません。

鉛筆で書いたとは思えないほどリアルなイラスト:Jono Dry

鉛筆で書いたとは思えないほどリアルなイラスト:Jono Dry

南アフリカのアーティストJono Dryさんが描くものすごくスゴイ鉛筆アート。真っ黒の世界に光と影が現れる超絶リアルなイラスト画となっている。Jono Dryさんによって描かれたその世界は非現実極まりないのだが、あまりにもリアルすぎるのでそういう世界があるようにも感じられる。

ジャンルはハイパーリアリズムの鉛筆バージョンということだろう。

とにかくスゴすぎるイラスト。しかも、デカい。この大きさを塗るのに一体どれぐらい鉛筆が必要なんだろうかと想像させられる。

非現実をリアルに描くアーティストJono Dry

数々の作品を自身のWEBサイトやInstagram、Facebookで公開しているJono Dryさん。今回は彼のInstagram(後述します)からご紹介します。

20986732 356551848100503 4631687414836887552 n

20589682 1648515718493451 4589951048663171072 n

17933756 1434573916625813 3614948220695740416 n

17663388 277529306028413 1322619175755055104 n

16124244 294055124330680 4834218693623808000 n

15877075 201535000321355 359838115315056640 n

Some of the work behind the drawing “pupil” to see the full video check out my YouTube channel.

Jono Dryさん(@jonodry)がシェアした投稿 –

14063107 1093776140677815 1194746713 n

13320016 996825787032984 1295867690 n

12917840 846292588831638 1130026345 n

鉛筆やシャーペン、粉などをつかってとにかく闇を作る。そして、光の陰影。すごいな。まじですごい。しかもデカい。最初に塗っている液体はなんだろうか?塗りやすくするための液体だろうか?とにかく出来上がった作品は、スゴイ。

Jono Dryさんの作品が観覧できるリンクをいくつかご紹介しておきます。こういうモノクロな作品が好きな人は是非

Jono Dry Art[関連]
@jonodry[instagram]
Jono Dry Art[Facebook]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です