幾何学的なデザインが入ったガラスの彫刻

幾何学的なデザインが入ったガラスの彫刻

イリノイ州のアーティストJiyong Leeによるガラスの彫刻作品「Segmentation series」。表面はすらっとしている中、内部構造には幾何学的なデザインが差し込まれているガラスのアート作品です。

細胞分裂にインスピレーションを覚えた作品。言われてみればそのようにも見えてしまいます。

Segmentation series

8467494_orig

透明であり半透明なガラス素材を使って作られたアート作品。表面を見る限り非常にシンプルな形状をしているのですが、「Segmentation series」の内部構造を一つ一つ理解していくといくつかの手間がかかっているように見えます。

Jiyong Leeさんによると、この作品を製作プロセスには、ガラスの切断、積層、彫刻、表面精製などが行われているそうです。

立方体だったり、ぬらっとした流体の形、筒状…。ガラスでココまで表現できることに驚いた。

7551670_orig

3492475_orig

8057134_orig

4977406_orig

6235143_orig

2026715_orig

9894434_orig

47648_orig

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です