もう人間は勝てない、最強のじゃんけんロボ「じゃんけんロボット」

もう人間は勝てない、最強のじゃんけんロボ「じゃんけんロボット」

グー・チョキ・パーの三つからなる三すくみな勝敗を決めるゲーム「じゃんけん」。イギリスやアメリカ等では “Rock-paper-scissors”なんて呼ばれている。

それぞれを「石(グー)」「ハサミ(チョキ)」「パー(紙)」などに見立てた手遊びです。

そんな「じゃんけん」を100%攻略してしまうロボットがあるのです。東京大学、石川渡辺研究室の研究成果「じゃんけんロボット」は、人間がじゃんけんで「手」を出す前に「手」を出すことが出来ちゃうやつです。

人間の手を追い、手を認識する。そしてその手から「グー」「チョキ」「パー」のどれかを認識して、その手が完成する前にロボットが「手」をだす。つまりは、認識技術を使った「高速な後出しじゃんけん」と言うことです。

今回、「じゃんけんロボット」がバージョンごとに進化していく様子をご紹介します。

最強のじゃんけんロボット

Janken (rock-paper-scissors) Robot with 100% winning rate
Janken (rock-paper-scissors) Robot with 100% winning rate: 2nd version

最初の動画と二つ目の動画の違いは、「後出し」じゃんけんには変わらないのですが、人間の「手」が完成する前にロボット側の「手」が完成するようになったということです。

Janken (rock-paper-scissors) Robot with 100% winning rate: 3rd version

3つ目の動画は、「じゃんけんロボット」に「高速トラッキング」技術が追加されたわけです。これにより、人間の「手」を常に追うことになり、どれがどの段階で出されても「じゃんけん」に対応できてしまう。

もう人間は勝てない

今回ご紹介した東京大学、石川渡辺研究室の「じゃんけんロボット」は、100%人間に勝てちゃう奴です。何故かというと、「人間が認識できる」ものには限界があるのでこれには勝てないのです。ご興味持った人は、石川渡辺研究室のWEBサイトを見るとモット詳しく書かれてますよ!

そういえば、ハンターハンターにも主人公の動体視力を使ったじゃんけん必勝法がありましたね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です