あまり知られてない?iPhoneの便利そうな小技9選

あまり知られてない?iPhoneの便利そうな小技9選

iPhoneユーザーの人でも「え?そんなことできるの?」なんて言われちゃう小技がいくつかあるのでご紹介します。個人的に「いつか使うだろうから覚えておこう」といった小技をご紹介します。

全てやり方自体は簡単なので是非活用してみてください。

iPhoneの小技

メッセージの投稿時間

メッセージを左にスワイプ

iPhone同士なら無料で使える「メッセージ」で、「いったいいつ投稿したんだろう?」と気になっちゃった時に、投稿時間を確認できちゃう技です。左にスワイプすれば時間が現れますね。

大文字入力

大文字入力

英字キーボードの時に、矢印ボタンを押せば「大文字」になるのはご存じかと思います。この矢印を二回連続タップすると、つねに大文字の状態で入力が可能です。解除はアプリ切替か、矢印を再びタップします。

連続した大文字入力をする時に便利!

コンパスが水準計に

水準計になる

標準アプリである「コンパス」。これは方位を調べるアプリなのですが、このアプリ画面で左にスワイプすると「水準器(Level)モード」があらわれます。壁に棚を取り付ける時に結構役に立ちました。

バースト撮影

バーストモード

カメラアプリのシャッターボタンを長押しで「バースト撮影」ができます。連続で撮影するので、ここから「良いショット」「良い瞬間」を選べるわけです。

ボリュームボタンで撮影

ボリュームボタンも使える

iPhoneにあるボリュームボタンでもシャッターボタンを押した時と同様の効果を得られます。iPhoneを横に構えてシャッターボタンを押して撮影!なんてことも出来ます。

長押しすると、上記同様にバースと写真を撮れます。

イヤホンで撮影

イヤホンもつかえる

iPhoneに標準で付いていたイヤホン。あのイヤホンの「+」か「ー」でシャッターを押せます。いわゆる「レリーズ」戸同等の物になります。手ブレしたくない時に利用すると良いでしょう。

充電時間を早める

節電節電

iPhoneを充電する時、本体を触らない人にうってつけの小技。iPhoneの「機内モード」中は、充電時間が短縮されます。早く充電を完了したい人は「機内モード」に切り替えましょう!

横画面でもね

横画面を使おう

カレンダーアプリは「横画面」の時にかなり見やすい表示になります。上記はiPhone6(or 6 Plus)の表示ですが、カレンダーアプリを横画面にすると、普段縦画面では見れなかった情報も見れます。

長押しで出現

長押ししてみよう

英字キーボード等でいくつかのキーは「長押し」すると、キーボードに表示されていない文字が出現します。例えばアルファベットの「A」で試してください。いっぱいでてきますよ!

まだまだ使える技はある

今回ご紹介した「小技」は、簡単かつ「使うかも」な小技です。是非全て試してみてください。いつかはキット使える物や話のネタに使える物だと思います。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です