まだデータがありません。

iPhoneのホームボタン横に「ボタン」を追加するスクリーンHalo Backを手に入れた

iPhoneのホームボタン横に「ボタン」を追加するスクリーンHalo Backを手に入れた

iPhoneのホーム画面横に「戻る」ボタンを追加することが出来るスクリーン「Halo Back」を手に入れました。Kickstarterの売り文句では、「World’s First Smart Screen Protector」と言われていましたが、あちらの都合で(後記します)少し出遅れての登場です。

KickstarterではiPhone 6 / iPhone 6 Plus バージョンのHalo Backが公開されており、今回手に入れたのはiPhone 6 Plusバージョンのスクリーンですです。

ぶっちゃけHalo Backの「動作」についてはどうなるのか結果がわかっていたのですが、Halo Backの触った感じの「印象」をご紹介できたらなと思います。

「戻る」ボタンを追加する「Halo Back」

Halo Backの紹介

Halo Back

Halo Backの紹介動画はこんな感じです。まぁ、ホームボタンの左隣に透明なボタンが追加されるとお考えください。そのボタンは画面左上を静電によりスクリーンサイドを通して押してくれます。

届いた製品は「この通り動作します」なので、動作についてはさほど素晴らしい発見はなく、「思っていた動き」をしてくれました。特に問題はありません。

Halo Back :iPhoneのホーム画面横に「戻る」ボタンを追加するスマートスクリーン

実際に動作させてみたのがコチラの動画です。iPhoneの「設定」を行き来しているデモンストレーション。Halo Backがしっかりと動作されているのがわかります。

スクリーンを貼り付けるのはとても簡単

halobackback-2288

Halo Backのケースはこんなデザインです。かなりしっかりとしたデザインでした。

halobackback-2289

前面フラップを開けると、何やら説明が書かれています。これはスクリーンをiPhoneに貼るTIPS的な物です。

halobackback-7906

そしてこちらの黒い枠がついたスクリーンがHalo Backです。この黒い枠があるのでスクリーンをとても簡単に貼ることが出来ました。

Installation of Halo Back

この黒い枠のおかげで、かなり簡単にフィルムを貼ることが出来るようです。上気道がでは45秒程度でHalo Backを設置している様子です。モット急げば30秒ぐらいで設定できるでしょう。

しかも、この黒い枠を流用すれば、他のフィルムやスクリーンにも対応できそうです。

halobackback-7908

実際に貼ってみた結果、スクリーンはしっかりと守ってくれる大きさです。そして何より綺麗です。

ただ一点!あれ?結構分厚い?
強化&強化で9Hの強度を誇るHalo Backですが、やはり強化した分だけ分厚くなっているようです。うーむ。しかたないかなー。まぁ、傷がつかないらしいので、しょうがないですね!

実はこんなことがありました。

実は、Halo Backは「World’s First Smart Screen Protector」と名乗っている割りには、別の類似品に抜かされてました(しかもそれはボタンが二つあります)。その理由として、製品にちょっとしか欠陥が見つかり(ココで少し出遅れる)それを調整するための期間があったこと。発想に利用した業者で更に遅れをとったこと。結果として、発表は「ワールドファースト」でしたが、実際にお客さんの手に渡ったのはファーストではないように思えます。

まぁ、それでもHalo Backを応援していたからこっちの方が良いともいますけどね。

あと、やっぱ便利。このボタン一つで大分違うなと。あとは、公式の「壊れたー」っていう評価がとても気になるところです…。僕のも壊れちゃうのかな?

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です