まだデータがありません。

iPhone 6sの耐久度を調べる実験が続々アップされている

iPhone 6sの耐久度を調べる実験が続々アップされている

2015年9月後半にAppleより発売したiPhone 6s。「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」「ローズゴールド」の4色展開や「1200万画素」で「4K動画撮影」にカメラが進化したことなどが注目されるところです。日本では、docomo、au、ソフトバンクといったキャリアで販売されていて、個人的にもどうしようかなーと悩んでいるところです。

さて、そんな憧れのiPhone6s/iPhone 6s Plusなのですが、さっそくとある「実験」がなされているようです。

たとえば、「液体窒素にいれてハンマーで粉々にする」「水に沈めてみる」「テルミット法で熱する」などの「どうしてそんなことするの?」と言った実験が…。

iPhone6sで実験する

iPhone 6S vs Liquid Nitrogen

液体窒素の浸して、ハンマーバコーン!液体窒素で衝撃に弱くなっている前面のディスプレイ部分は見るも無残な姿に粉々ですが、背面の金属部はほぼ原形をとどめているのか?これはすごいな!

Apple iPhone 6s vs iPhone 6s Plus Water Test! Is it secretly waterproof? A waterproof review.

Phone6s/iPhone 6s Plusを1時間水に浸けてみた動画!うごいちゃう!動いちゃうのですよ!

iPhone 6S vs Rose Gold Thermite

テルミット法によりメッチャ高温になった金属を直接当てちゃう。そりゃ無理だわ。生活でこんな状態まず無いわ。

iPhone6sは強い感じ

今回の実験動画で「水に浸してみた」におどろきました。1時間以上も水の中に浸しておいてもちゃんと使えちゃっているのがスゴイ!防水加工がされているということなのだろうか?それだったら素晴らしいな。密閉性がでも向上させたのだろうか?

いくつかの実験は「日常ではありえない」状況ですが、iPhone6sの強さを知るにはこれぐらいしないとダメなんですねー。

iPhone6sに買い替えを考えている人の後押しになればなと思っています。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です