iPhone 6sを溶岩の中に入れちゃう動画

iPhone 6sを溶岩の中に入れちゃう動画

思わず「リチウムイオン爆発するんじゃない?」と思ってしまう動画をご紹介。

様々なデバイスをたまに痛めつけるTechRaxにより、2015年9月25日にAppleより発売されたiPhone 6sにやらかしちゃう動画です。

動画の内容は、「iPhone 6sを溶岩に入れる」というなんとも恐ろしいもの。iPhone 6sにはリチウムイオンバッテリーが積まれており、何かの拍子に爆発するんじゃないかとハラハラ…。

いや、絶対マネしちゃ駄目ですよ?

溶岩に入れられるiPhone 6s

Don’t Drop Your iPhone 6S in Hot Lava!

溶岩に入れちゃう意図がわかりませんが、やっぱり溶岩の熱には耐えられなかったiPhone(そもそもだいたいのデバイスは耐えられない)。iPhone 6sは最終的には燃えちゃいます。

もっと痛めつけちゃう

Don’t Ever Burnout on an iPhone 6S!

TechRaxは他にもiPhone 6sに対して、痛めつけ行為をしています。コレは、バイクを使って画面をとかしちゃうものです。燃え上がりはしなかったですが、画面が解けて真っ黒に。それでも動いちゃうのがスゴイ。

Don’t Ever Pour Bromine on an iPhone 6S!

そしてコチラはiPhone 6sの液体臭素漬け。もう、手袋をしていない時点で悪ふざけなのですが、iPhone 6sが見るも無残な姿に…。コレで動いていたらすごかったな。

ここまで来ると、物理的に痛めつけているほうが、なんだか優しい気がします。

TechRaxでは、他にもiPad ProやApple Pencilなんかも痛めつけちゃってるので、ご興味ある人はご覧になってください。

TechRax[Facebook]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です