MacBookを閉じてもネット通信を維持する「InsomniaX」

MacBookを閉じてもネット通信を維持する「InsomniaX」

OSなどの何か大きなファイルをダウンロードしているときに、MacBookをほうっておいて、別の作業をしたい。でもMacBookを閉じたらネット通信が止まってしまう。そんな困ったことを解決してくれるアプリ「InsomniaX」をご紹介します。

それを導入できてから、何か大きいファイルをダウンロードするときは、MacBookを閉じて他の作業をできるようになりました。

InsomniaX

「InsomniaX」は、Macのアイドル状態とスリープ状態を無効化するアプリです。これは裏を返せば、MacBookを閉じても音楽の再生しっぱなし等ができるアプリです。普通だと、閉じた時点で音楽が止まっちゃいますが、そういうのがなくなる!すばらしい!

インストールと設定

インストールはこちらのサイトからダウンロードしてください。

ダウンロード:InsomniaX for Mac | MacUpdate

インストール後、メニューバーに三日月のマークが出現します。その設定を画像のようにします。

設定はこちら

「Disable Lid Sleep」と「Disable Idle Sleep」のチェックを入れてください。これだけで、MacBookのフタをしてもネットの通信や音楽の再生はそのまま維持してくれます。

まとめ

「InsomniaX」を必要とするシーンはいまのところ通信切断に困っていたからです。素直にMacをつけっぱなしでもいいのですが、それだとアイドル時やスリープ時に困っちゃう。つまり使い続けないといけないっすからね。

パソコン以外の他の作業をしたい人は、このアプリを入れてみるのはどうでしょうか?

ダウンロード:InsomniaX for Mac | MacUpdate

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です