まだデータがありません。

IKEAのアノ小さいエンピツを飛ばす専用の武器を造っちゃった

IKEAのアノ小さいエンピツを飛ばす専用の武器を造っちゃった

家具をたくさん取り扱っているIKEAでは、店内で寸法をとれるように小さい鉛筆が用意されている。それは誰でも使うことができて、まぁその数が半端無く用意されてるんだよね。

そんなIKEAのエンピツが、笑顔の武器職人Jörg Spraveさんによって武器になっちゃった!相変わらずこの人の発想はスゲーな!IKEAだよ!?

いつか来るゾンビ世紀のためなのか!?The Slingshot Channel(現JoergSprave)で培ってきた技術でエンピツを武器に換えちゃうんだ!これでIKEAにゾンビがきてもへっちゃらだな!!

ちなみに、流血はないものの、ちょっと痛い映像です。

IKEAの鉛筆は武器になっちゃうのだ!

 

こちらがその映像「How to Weaponize IKEA Pencils」です。IKEAのエンピツはちょうどよいぐらいの小さい鉛筆で、それを「弾」として吹き飛ばしちゃうというのだ。無料でたくさん手に入れることのできるエンピツ…それが弾に…。すごいじゃないか!
※だからといってエンピツを大量にもって買えるのはちょっと…

Youtu be 4w8lJNEQTfk 2 800x450

映像の後半ではでき上がった武器を自らの腕に打ち込むシーンがある。実験で飛ばしたときに15mぐらいの飛距離だからって、絶対あかんヤン…。絶対痛いじゃん。

Youtu be 4w8lJNEQTfk 3 800x450

アイテテテテテっ!

うわー、刺さってますヤン!鉛筆の芯、ささってますやん!

いやー、でもこれで、多少なりともゾンビには有効か!?結構イケるんじゃない?

これからも見ていくぜ!

Youtu be 4w8lJNEQTfk 1 800x450

なにげに歴史の長いThe Slingshot Channel。作り上げた武器って、いったいどれぐらいの数作り上げられたんだろうか…。それにしても、Jörg Spraveさんのこの笑顔には毎回やられちゃうぜ!

これからも、なにかあったらキセノンテンター出ご紹介しちゃうよ!

The Slingshot Channel[Facebook]

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です