Macに入れた!ウインドウごとにアプリを切り替えるHyperSwitch

Macに入れた!ウインドウごとにアプリを切り替えるHyperSwitch

WindowsからMacに環境を写した時、一番戸惑ったのがアプリのスイッチです。Windowsだと「開いているアプリ」ごとにアプリスイッチャーが開くのですが、Macだと「開いているアプリの種類」が開く感じです。

たとえばMacの挙動は、Finderでフォルダをいくつか開いていたとしても、「Finder」としてひとつしか切り替えれません。裏側にあるFinderなどは探すか「Mission Control」で全ての開いているウィンドウを見に行かなければなりません。

あれ?これはめんどいぞ?

ということで、探していたら先人により「HyperSwitch」でそれらの機能を補うことが出来ることがわかりました。コノアプリが出来ることは「開いているウィンドウごと」にスイッチが出来るアプリです。

つまり、困っていたことがコレ1つで解決しました。

HyperSwitch

hyperswitch

HyperSwitchは上記写真のように「開いているウィンドウ」ごとに切替が可能なのです。Macの常駐系アプリなのですが、これぐらい常駐させておいても良いでしょう。

通常は「command + tab」で「アプリの切替」を行います。HyperSwitchでは「option + tab」で切り替えます(変更可能)

HyperSwitch[DL]

ダウンロードは上記サイトから出来ます。無料やでな〜。

最初の設定

hyperswitchapp

最初の設定として、ステータスバーに表記されているHyperSwitchの設定画面を見ます。「Run HyperSwitch in the backgroun」のチェックを入れます。これによってログイン時に開くようになります。

hypershitchapp2

「option + tab」だと都合が悪いぞーって人のために設定でボタンを切り替えることが可能です。これで他のアプリとかぶっちゃうことを防げますね!

かゆいところに手が届くアプリ

今回紹介した「HyperSwitch」のように、Windows使いからしたらちょっとわからない使い方を、アプリで補うことがMacならで着ますね。Windowsならその補うアプリがあるだけで色々不都合が起きちゃうのですが、そういうのはいまのところ無いです。「柔軟」と言うことですね。

また、僕はためしていませんが、「HyperDock」というDockを強化するアプリも提供しているようです。ご興味ある人は下記リンクからどうぞ。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です