MacBookの電源コネクタの巻き取り方をご紹介

MacBookの電源コネクタの巻き取り方をご紹介

先日、別ブログでMacBookの電源コネクタとひらくPCバッグの相性について書きました。その時にMacBookの電源コネクタ(MagSafe)の電源コードの巻き方について、初めてMacを使い始めて1ヶ月ぐらいしか経っていない、@kissatenが実際にやっている方法をご紹介しました。

すると、SNS等で「ああ、これちょっといいな」とか「MacBookユーザーさんにはためになる記事」などの評価をいただきました。なのでこのブログでもMacBookの電源コネクタ(MagSafe)の電源コードの巻き方をご紹介したいと思います。

電源コネクタはこうやって巻いている

まず、記事を書いてSNSでの反応をいただいてから知ったのですが、この電源コネクタ(MagSafe)は断線することがあるらしいです。その理由は、巻き取り方法によっては、コネクタの根元に負荷がかかり断線してしまうとか。

そんな事とは露知らず、今回僕がやった方法はその「断線」にも有効なやり方だそうです。

ちょっと出すだけ

ちょっとだけ出すのです

「巻き方」といっても、そんなに「マジかよ!」なんてことではなく、上記写真のように「ちょっとだけ出す」のです。この「ちょっとだけ」が電源コネクタへの負荷を軽減するとか。「いやいや、え?そうなの?」ぐらいの気持ちです。

この「ちょっとだけ出す」は、別の目的のために出しているのです(後記)。

ぐるぐる巻くだけ

巻いていく

もうあとは、普通に巻いていくだけです。ちょっとだけ出すのは、指が三本分ぐらい出せばいいです。

止めます

そして、最後に電源についているクリップ的なもので挟みます。もうこれだけ。それ以上でもそれ以下でもない。

これによって、「根元への負荷」が減るんじゃ無いかなーというコメントをいただいたわけです。

実は他の目的のため

実はこの巻き方は他の目的のために僕が常時やっている巻き方です。それに関わってくるのが「ひらくPCバッグ」です。「ひらくPCバッグ」とは、中身にすぐアクセスできるとっても画期的なPCバッグで、2014年より使わせてもらっていて、別ブログでいくつかのレビューを書いていました。

そして、晴れてMacユーザーとなり、「ひらくPCバッグ」のすごさをかいま見たわけです。

発案者によるシェア

これは別ブログで書いた記事へのシェアなのですが、「ああ、これちょっといいなw」というのは、この巻き方と「ひらくPCバッグ」が非常に相性の良いことになっちゃうのです。「そっちの記事で見てくれ」と言いたいのですが、以下の写真を見てもらえればわかります。

引っ張って出せる

「ひらくPCバッグ」の収納にすっぽりと入った、MacBook電源コネクタ(MagSafe)が、「ちょっとだけ出す」によってめちゃくちゃ出しやすくなります。ただそれだけのためだけに「ちょっとだけ」出していたわけです。

収納の高さがいい感じなので、「ちょうどよい」感じで電源コネクタをとり出しやすくなったわけです。

まとめ

この方法は、「個人的にこうだったら良いな」を記事にしてみてそれが何名かの人に共感を得てもらったという感じですね。「良いよ!やってみなよ!」とは言いませんが、僕はこのやり方でとりあえずやっています。

もっと他にスマートなやり方もあるのでしょうが、「多分断線しない」とか「負担減ると思う」という意見を聞けたので良かったなと。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です