一人称視点で暴れ回るムービー「HARDCORE」

一人称視点で暴れ回るムービー「HARDCORE」

このブログでも過去に「一人称で行われる銃撃アクションフィルム!」と言う記事でとある動画をご紹介しました。

その動画は、主人公の一人称視点(目線)でずーっと進行する映像で、銃撃戦をまるで体験しているかのように感じられる映像となっています。

その映像を作ったのは、同じく「一人称視点」で暴れ回るBiting Elbowsのミュージックビデオを作った人達と一緒です。その映像もやっぱりスゴイ映像なのです。

今回ご紹介スッルのは、そんな一人称のスペシャリストがつくったものすごい映像なのです。かなり『血』などが飛び散るので観覧注意なのですが、「一人称視点の映画」というジャンルがどういったものか体験してみて欲しいです。

一人称視点で暴れ回る!

HARDCORE Official TIFF trailer – starring Sharlto Copley

すごい!なんかストーリーが今のところなぞなのですが、とにかく「一人称」で「暴れ回っている」感があります。CGももちろん使われているのでしょうけど、スタントを使った実写での「一人称」がかなりドキドキしちゃいます。

とある施設で目覚めた男性。どうやら身体は機械のようです。そして、何者かの襲撃、脱出の後、現れた謎の武装集団…。なんかすげーぞ!?

これが前に紹介した動画

First Look at ‘HARDCORE’ – The World’s First Action P.O.V. Film

とある建物で行われる銃撃戦。かなりすごいことになっています。もちろん観覧注意でお願いします。そしてこの映像を見てみると、上記動画「HARDCORE」にも同じシーンが出てきますね。なるほどなるほど。

どうやって撮影しているの?

20141102184545-HrdCr141101_CameraRig

この一人称動画をどうやって撮影しているんだろう…と深く考えていました。すると、その答えをIndiegogoで公開されていました。なんと、GoProを特殊なヘッドセットに取り付けていたということです。他は全てスタントさんがやっちゃうんだろうなー。

他の動画も是非見て欲しい!

同じチームが作った、過去に紹介した映像を是非見て欲しい!できれば、Biting Elbowsの「The Stampede」と「Bad Motherfxxker」の映像を二つとも見て欲しいです。短い映像なのですが、その密っせられたものは素晴らしいの一言に尽きます。

こういう映像がそのうち当たり前になってくるのでしょうねー。映画の可能性が広がります。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です