GoPro、Googleの「JUMP」を利用した360度見渡せる動画を公開

GoPro、Googleの「JUMP」を利用した360度見渡せる動画を公開

Googleの立体仮想現実映像を作る「JUMP」を使ってGoProが動画をYouTubeに公開した。その動画は360度見渡せる動画となっています。

「360度見渡せる」とは、いったいどういった物かというと、YouTubeの動画ページにてカメラの向きを返ることが出来るという物。

360℃撮影できるように設置された16個のGoProにより撮影された物をなんやかんややって見れるようにしていると考えてもらえるとうれしい。百聞は一見に如かず。まずは動画を見てみよう。

Googleの「JUMP」

GoPro: Drifting with the New 360° Camera Array

残念ながら、「動画の埋め込み」ではその作用はおきないらしく、下記サイト(YouTubeのページ)より動画をご覧頂くと「360℃」見渡せます。

スマホはモットすごい

「YouTube」アプリを入れていれば、先ほどのリンクを開くとアプリが起動するはずです。すると、スマートフォンの傾きを検知して、スマホ本体をぐりぐりと動かせば動画もトラッキングしてくれます。

kamerawokatamukerutotuitekuru

まるでその場にいるかのような臨場感を味わえるでしょう。ぜひPCだけでなくスマートフォンからも観覧してみて欲しい。

「JUMP」に感じる物

Googleの「JUMP」がこれから広まっていくと考えれば、例えばスポーツ中継などの場で非常に役立ってくるだろう。「その場にいる臨場感」を体感できる。可能性は広がっていくといいな。ドローンにでもつければ…。

それにしてもGoPro16個か…。結構高いなー。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です